インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

2009.01.13 USC南カリフォルニア大学卒後教育プログラム
ジョージルーカス監督の母校として知られアメリカ西海岸最古の歴史を持つ名門・南カリフォルニア大学が主催する卒後研修コースに参加してきました。
インプラント・審美歯科・歯周治療・根管治療などその道の超一流のスペシャリストがわざわざ日本まで訪れて毎月2日間のコースを開催するという夢のような研修会です。9月の卒業式はロサンゼルスで厳格に行われるそうで今から楽しみです。
受講生も全国から新進気鋭の著名な歯科医達が集合し、ともに切磋琢磨しながら学んでいけるという大変素晴らしい機会に恵まれました。これもひとえにアメリカでご活躍されているスーパーデンティスト・清水藤太USC歯学部教授のおかげです。感謝です!


著名な口腔外科医バック・リー先生と世界で最も権威あるAAED米国審美歯科学会前会長ボールドウィン・マーチャック先生(右)

第1回目の今回は入学式と、インプラント口腔外科医のバック・リー先生のインプラントの講義でした。審美的にかつ長期的に安定したインプラント治療を行うための明確な診断基準と、最小限の外科的ダメージで安全に行う骨移植手術の革新的な術式を学ぶことができました。懇親会も含めとても有意義な2日間でした。
ここで学んだことはしっかりと自分の臨床に反映して、より精度の高いインプラント治療が行えるように日々頑張っていきたいと思います。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) (2009年1月13日 16:29) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :