インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

海外研修@USC南カリフォルニア大学歯学部
9月の連休を利用して米国USC南カリフォルニア大学にて、式典と解剖実習に参加してきました。

 
南カリフォルニア大学の構内(左)と歯学部の建物(右)
構内はとても広々としていて、カリフォルニアの青い空の下、歴史ある重厚な建物がとても印象的です。

 
USCジャパンプログラム第2期生の卒業式風景(左)
今回自分はプログラムアンバサダーとして参加いたしました(右)
学生のガウンは黒ですが、アンバサダーのガウンは色付きでした。
それにしてもいつも思いますが、僕は帽子系はまったく似合わないみたいです(涙)

 
USC歯学部内の解剖実習風景(休憩中) 実際の人体(頭部のみ)を用いて、上顎洞骨移植(サイナスリフト)やブロック骨移植など、難易度の高い外科術式を、講師の指示のもとに行います。右の写真はUSC教授で、インプラント口腔外科医として天才的な腕前を持つバックリー先生です。とても著名な先生であるにもかかわらず、決して偉ぶったところがなく、いつもフレンドリーです。海外の有名な先生方は皆共通してこのような先生が多いです。自分もそうありたいといつも思います。(僕はまだペーペーの歯科医師ですが。。。汗)



研修の合間を縫って、今回もカリフォルニア・アーバインにある 世界的に著名なマスターセラミスト 林 直樹 先生のオフィスにお邪魔させていただきました。写真は、林先生(左から3番目)と、遠く日本を離れ林先生と共に世界トップレベルのお仕事をされている、少数精鋭の歯科技工士の先生方です。ランチをご一緒させていただきましたが、皆さん本当に意識が高く、患者様のために真摯に、本当に素晴らしいお仕事をされております。とても良い目をされているのが印象的でした。今後とも末長いお付き合いとご指導の程、どうぞ宜しくお願いいたします。

短い滞在期間でしたが、今回の海外研修もとても充実しておりました。
学んだことをしっかりと日々の臨床に生かしていきたいと思います。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) (2010年9月24日 01:13) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :