インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

The 6th World Dental Meeting in Japan 2010
第6回日本国際歯科大会がパシフィコ横浜国際平和会議場で盛大に開催されました。
この歯科大会は4万人を超える歯科関係者の参加のもと、4年に一度開催される国内最大規模の学会で、国内外から超一流の著名な歯科医師が招聘され、ハイレベルな講演が行われます。正直僕は一流の歯科医でもありませんし招待演者でもないのですが、幸運なことに南カリフォルニア大学の発表枠で参加することができました。おかげさまでとても貴重な体験をすることができました。この場をお借りして関係者各位に御礼申し上げます。


南カリフォルニア大学歯学部ジャパンプログラム主催です。
USCパンパシフィックセンター客員研究員として発表させていただきました。


今回は Achieving Natural Implant Aesthetics in the Aesthetic Zone というタイトルで、審美領域において美しく自然なインプラント治療を行うための診断基準および治療計画から、実際の臨床ケース供覧まで発表いたしました。会場は広くはなかったですが、発表内容は大ホールの演者にも決して負けてなかったと自負しております。


自分の発表中に南カリフォルニア大学歯学部長のアヴィシャイ・サダン先生が急遽会場にお見えになったので、発表を一時中断して、取り急ぎ記念撮影を行いました(笑)僕の右となりでピースサインをされているのがサダン学部長です。ちなみにこれはただのピースサインではなく、「Go Torojan!!」(「進め!USCのトロイの勇士たち!!」のような意味。Torojan(トロイの勇士)はUSCのシンボルマークです。USC同窓生はTorojan Familyと呼ばれます)のかけ声のもと、このジェスチャーを行うみたいです。スポーツ観戦時の自校の応援や、気合いを入れるときなどに「さあ行くぞー!」の意味合いで使われるそうです。とっさに合わせてGo Torojan!!をしてみました。



今回集まった南カリフォルニア大学歯学部ジャパンプログラムの面々達です。
発表の先生方は本当におつかれさまでした。

このような素晴らしい発表の機会を与えて下さいましたUSC学部長のサダン先生、プログラムディレクターの清水先生、座長の鈴木先生、脇田先生、五十嵐先生はじめ、関係者の皆様にあらためまして深く御礼申し上げます。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) (2010年10月 5日 01:11) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :