インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

国際口腔インプラント学会@中国アモイ
ICOI 国際インプラント学会のアジア太平洋セクションのコングレスに参加するため、中国のアモイを訪れました。アモイ(Xiamen)は台湾の対岸に位置する中国5大経済特区の一つの大きな都市で、想像していたよりも遥かに整備された綺麗な街並みに正直びっくりいたしました。空港、ホテルともに清潔でとても快適でした。

ICOI(International Congress of Oral Implantologists) は1972年に設立された国際的かつ世界最大の口腔インプラント学会であり、本部は米国ニュージャージー州に置かれています。日本の歯科医にとってはまだ馴染みの少ない学会ではありますが、米国の友人の話では、認定医を取得するのも非常に困難として知られる、本国ではとてもステイタスの高い学会だそうです。近年はニューヨーク大学が主体になり、より厳格でハイレベルな学会になりつつあります。

 
中国の歯科医が大半を占める学会会場。とても熱心でアグレッシブな方が多い印象を受けました。

今回の学会参加の目的は、最新のインプラント治療の発表を聞く事だけでなく、アジア太平洋セクションの役員任命式に参加する事でした。

 
会場をバックに記念撮影。右は授与式の模様。

 
役員に任命された日本各地を代表する優秀で著名な先生方と記念撮影。
右はGALA Dinnerでの集合写真。日本からも多くの先生が参加いたしました。

今回私は、エリア・アシスタント・ディレクターという役職を拝受いたしました。これは日本を含むアジア・太平洋地域の若手歯科医の中から国際舞台で活躍できる人材の育成を目的とし、学会運営やクリニカルリサーチに至るまで、様々な役割が求められる重要なポジションであると伺いました。

与えられた任務をしっかり果たすとともに、より高いレベルで仕事ができますよう、これからも地道に精進していきたいと思います。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) (2010年12月 3日 23:46) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :