インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

セルビア共和国大統領来日記念レセプション
セルビア共和国大統領の来日を記念してセルビア大使館にてレセプションが行われました。セルビア大統領の来日はなんと68年ぶりということで、今回のレセプションは大使館にとっても大変思い入れが深いものらしく、光栄な事にセルビア大使よりぜひともご参加下さいとのご招待を賜りましたので、米国での学会・研修会参加の予定をキャンセルしてレセプションに出席して参りました。

  
国内外からセルビア共和国と親交のある外交官や省庁・官庁・企業の方々などがご臨席されました。


セルビア共和国大統領のボリス・タディッチ閣下(左)とセルビア共和国特命全権大使のイバン・ムルキッチ閣下(右)による歓迎スピーチの模様。大統領の来日を機に、さらなる日本との友好関係を深めて行きたいとのことです。もちろん私もそう願っております。


昨年のサッカーJ1覇者・名古屋グランパス現監督のドラガン・ストイコビッチ氏(中央右)もお祝いに駆けつけました。大統領と固く握手をかわしています。久々の再会を喜んでいるご様子でした。セルビア共和国はとてもスポーツが盛んな国で、サーカーだけでなくバレーボールやテニス、バスケなどでも超一流の選手を多数輩出しています。

生ピクシーを間近に見れてとても感動です!僕らの世代のサッカー好きにはたまらない存在であり、現役時代はその類いまれなスーパープレーの数々に魅了されたものです。羨望のまなざしで見ていると、それを察した大使の奥様が「こっち、こっち!』と手招きして下さいまして(笑)しっかりご紹介していただきました。


ストイコビッチ氏と記念撮影。めちゃめちゃ興奮してしまいました。
僕は元々サッカーの経験はありませんが、Jリーグやピクシー、ジーコの影響でフットサルを始めてしまったくらいです(笑)もちろん、今は忙しくて全然参加しておりませんが・・・

そして今度は大使の手招きで行った先にはなんと大統領が!!
大使から大変ご丁寧にご紹介していただき、短い時間でしたがお話する機会に恵まれました。


セルビア共和国大統領タディッチ閣下と記念撮影。優しい笑顔でしたがやはり眼光は鋭く、とても凄いオーラを感じました。さすがです。お目にかかれて光栄です。

「日本での滞在をエンジョイされることを望んでおります」と最後にご挨拶させていただきましたが、4日間という短い滞在の中で、天皇陛下や菅直人内閣総理大臣をはじめ、いろいろな方との会談が予定されているそうで、大変お忙しいスケジュールのご様子でした。閣下にとって有意義な日本滞在になりますよう切に願っております。

このような素晴らしい機会に今回もお招きいただき、また普段なかなかお会いできないような方々をご紹介いただきましたムルキッチ大使と奥様、そしてとてもフレンドリーな大使ご子息とセルビア大使館員の方々のお心遣いに心より深く感謝いたします。

Hvala!



投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) (2011年3月 7日 23:14) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :