インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

東日本大震災チャリティーレクチャー
世界的に著名なインプラント外科医のDr.Sascha A. Jovanovic による、東日本大震災チャリティーレクチャーが開催されました。

 
                            Dr.Sascha と山崎長郎先生

UCLA留学時にDr.サーシャの片腕として活躍していた佐藤琢也先生(デンタルインプラントセンター大阪・所長/ClubGP・代表)の企画開催のもと、世界的にも著名でご活躍されている、日本の歯科界を代表する審美歯科の大家・山崎長郎先生(原宿デンタルオフィス院長)を座長にお迎えし豪華メンバーで開催されたこのレクチャーの収益は、講師料も含めて全額、日本赤十字社を通じて東日本大震災の被災地へ寄付されました。

Dr.サーシャは、若くしてヨーロッパインプラント学会の会長を歴任し、現在はUCLA(米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校)にて教鞭を揮う傍ら、gIDE(Global Institute for Dental Education) というオンライン教育も含めた教育機関を主催し、全世界の歯科医に良質な歯科教育を提供している大変素晴らしいドクターです。特にrhBMP-2を用いた顎骨再建の分野では世界の第一人者であり、世界中のセレブリティーやハリウッドスターに至るまで、常に指名の絶えないドクターと言われています。

当然ながら今回のレクチャーの内容も大変素晴らしいものであり、最新のインプラント外科治療に関する科学的知見から、審美インプラント治療を成功させるための重要な10個のキーファクターについて、そしてrhBMP-2を用いた驚異的な顎骨再建やインプラントの症例供覧など、勉強になることばかりでした。

レクチャー後の質疑応答の時間では、山崎先生の大変ためになる鋭いコメントや素晴らしいご意見も伺うことができて、こちらも本当に勉強になりました。さすがに超一流の先生です。お話が楽しい上に、とても感心する興味深い内容ばかりでした。大変有意義な時間を過ごさせて頂き感謝しております。

 
チャリティーレクチャー参加者全員での記念撮影。

国内の大きな学会では海外からの講師のキャンセルが相次いでいる今日現在、家族や友人の反対を押し切ってまで来日し、日本の為に無償でチャリティーレクチャーまでしてくださいましたDr.サーシャにまずは心から感謝したいと思います。また、会の準備開催に対して多大なご苦労をされたデンタルインプラントセンター大阪のスタッフの皆様や主催の佐藤琢也先生、通訳の山中隆平先生、梅津清隆先生、そして参加者の皆様に深く感謝の意を表します。本当に素晴らしい会でした。お声掛けいただき、ありがとうございました。


Dr.Sascha、佐藤琢也先生と記念撮影。お疲れさまでした。
僕も日本復興に向けて出来ることから頑張りたいと思います。


投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) (2011年5月16日 15:32) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :