インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

南カリフォルニア大学インプラントセミナー@香港
米国南カリフォルニア大学主催のインプラントセミナーが香港にて開催されました。

 

このセミナーの主な趣旨は、日本の歯科医を対象にしたUSCジャパンプログラムの大成功をうけて、USC歯学部では香港でもUSCプログラムの開催を予定しており、今回はその宣伝も兼ねたとても重要なセミナーであることから、USCからはサダン歯学部長をはじめ、全米審美歯科学会および全米補綴学会の会長を歴任されたマーチャック 教授、そしてUSCペリオ・インプラントシンポジウムのチェアマンであるザデー教授など、錚々たるメンバーが香港に集結しました。

今回私は、講演を聞きに行くのはもちろん、来年ロサンゼルスで開催されるUSCペリオ・インプラントシンポジウムでの自分の発表のスライドをチェアマンにチェックして頂く目的もあり、はるばる香港を訪れた次第です。日本からの参加者は自分一人でした。

  
サダン歯学部長の講演風景をこっそり撮影(左)。歯科界では最も有名な学術雑誌クイッテッセンスの編集長も歴任されたサダン先生の講義はとても素晴らしく、症例写真の綺麗さと洗練されたプレゼンスタイルはまさに圧巻の一言でした。講演後の記念撮影(右)は、右からアヴィシャイ・サダンUSC歯学部長、サダン先生の妹(姉?)、自分、サダン先生の姉(妹?)、マーチャック教授。
もちろん、マーチャック教授のユーモア溢れる講義と、インプラント外科の最新知見と高等術を惜しげも無くレクチャーされたザデー教授の講演内容も大変素晴らしく、遠路はるばる香港まで行った甲斐がありました。

 
講演終了後は、USC卒業で現在香港にてご開業の矯正医アレックス先生のご招待で、高層ビル最上階の会員制レストランで、百万ドルの夜景を眺めながら、優雅なディナーを頂きました。左の記念写真は、右からアレックス先生、自分、ザデ―教授、マーチャック教授。写真右はレストランからの夜景。とても幻想的で美しい眺めでした。

香港を訪れたのは初めてでしたが、とても素晴らしい体験をすることができました。
今度はプライベートでゆっくり訪れたいと思います。(でもいつになることやら・・・)
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) (2011年10月15日 22:14) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :