インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

ICOI国際インプラント学会@ベトナム
ICOI国際インプラント学会のAsia-Pacific section Congressがベトナム・ホーチミンのインターコンチネンタルAsiana Saigon Hotelにて盛大に開催されました。今回はインプラントの勉強の他に役員任命式出席の用事もあり、診療をお休みさせていただき遥々ベトナムを訪れました。

 
今回宿泊したIntercontinental Hotel 最上階の Presidential Suite Roomにて

決して見栄を張った訳ではなく、実は単なるブッキングミスだったのですが(笑)まあこれも良い機会と思い宿泊してみました。さすがこのホテルで宿泊費が一番高い特別スイートルームだけあって、部屋が大小8つもあり、ジャグジー風呂もついて至れり尽くせりの贅沢なお部屋でしたが、ひとりで滞在するには少々広すぎるお部屋でした。(もちろん、翌日から普通のお部屋に変えて貰いました)せっかくなのでお写真でご紹介など。。。

 
ジャグジー付きのお風呂。眺めは最高です。絵などの調度品も最高のものでした。

 
写真で見るより実際は広いお部屋です。深夜到着で早朝から学会だったので、数時間の滞在でした。いつかはのんびりプライベートで訪れたいものです。(でもいつになることやら。。)

早速、翌早朝から学会会場へ。先日研修会でお世話になったコロンビア大学のデニス・ターナー教授やロマリンダ大学のジョセフ・カン教授、ICOI前会長のAdy Palty教授、台湾インプラント界の重鎮、リン先生など世界中から著名な歯科医が集まり、インプラントについて熱い講演が行われました。日本からも多くの参加者があり、東京医科歯科大学の春日井教授、日本顎咬合学会理事長の渡辺隆史先生、日本顎咬合学会副理事長の林揚春先生、ICOI日本代表の鈴木仙一先生など、普段からお世話になっている先生方もご発表されていたので、しっかりと拝聴させていだきました。

 
日本顎咬合学会理事長・渡辺隆史先生のご講演。レベルの高い大変素晴らしい発表内容でした。日本の先生方の臨床は今や世界のトップと比較しても遜色ないレベルだとあらためて実感しました。鈴木仙一先生の「光機能化によるスーパーオッセオインテグレーション」の発表は世界に先駆けての内容でしたので、大変な驚きと賞賛を得ました。日本が世界を凌駕する日は近いと思います。

 
そしてもう一つの目的である役員任命式。今回はAsia-Pacific section のJapan Local Area Directorに任命されました。前回のArea Assintant Directorからの昇格になりますが、しっかりと任務を全うし、安全で良質なインプラント治療の普及に努めたいと思います。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) (2012年6月26日 11:34) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :