インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

近況報告(前編)
ここのところ週末は学会や研修会参加が続き、医院を不在にする事が多かったため、患者様には大変ご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。先日のブログでもお伝えしましたが、日本顎咬合学会から始まり、コロンビア大学インプラントコース、国際インプラント学会ベトナム大会、南カリフォルニア大学Dr.Zadeh講演会&ハンズオン研修会、国際インプラント学会日本大会など、国内外での歯科イベントが目白押しでした。これも自身の歯科技術向上と勉強のためと、何卒ご理解頂けましたら幸いでございます。学会以外の普段の平日も様々な会合やお呼ばれが多いため、すっとお休みなく多忙な毎日を過ごしておりますが、おかげさまで健康に恵まれ、充実した楽しい日々を送らせて頂いております。そんな毎日ですが、いろいろと素晴らしい方々とお会いする機会に恵まれましたので、この場を借りてご報告させて頂きたいと思います。

 
今年1月のロサンゼルスでの国際シンポジウム発表でお世話になった南カリフォルニア大学のザデ教授(写真左)による、豚の顎骨を用いたハンズオンコースでの外科実習風景(写真右)この後は各自で豚の歯肉を切ったり縫ったり、実際にインプラントを埋入したり。。このようなトレーニングをたくさん積んで、実際の手術に臨んでいます。それにしてもザデ教授はいつも明るく気さくです(笑)

 
(写真左)はUSCザデ教授の特別講演風景。この後場所を香港マカオに移して、USC教授陣と台湾インプラント学会会長を交えてのクローズなプライベートインプラントセミナーが行われました。(写真右)は、東京医科歯科大での国際インプラント学会日本大会、UCLA小川隆広教授と鈴木仙一先生による「光機能化インプラント」の講演風景。その後の懇親会では小川教授と剣道話で盛り上がりました。教授は学生時代は全日本トップクラスの剣豪で、今は世界トップクラスの研究者。何事も極める才能の凄さとその成功の秘訣を拝聴し、僕も頑張らねばととても良い刺激を頂きました。感謝です!

 
お世話になっている歯科技工所リックグローバルリンクの高岡社長のお招きで、後藤田正純代議士とお会いしました(写真左)代議士はとても気さくで感じの良い人でした。(写真右)は三原じゅん子 参議院議員と再会を祝しての記念撮影です。実は共通の友人(渡嘉敷勝男さん)を介して以前からの知り合いでしたので、久々の再会で盛り上がりました。僕は現在、支持している政党はありませんが、後藤田さんと三原さんは応援します。日本再生のためぜひ頑張ってほしいです!

 
普段から親しくさせて頂いている友人のキューバ大使館次席(No.2)のアンドレスさんの誕生会がバーレーン大使公邸にて盛大に開催されました。(写真左)の右からバーレーン大使、キューバ大使次席夫人、バーレーン大使夫人、自分、アンドレスさん。猪木さんから頂いた赤い闘魂マフラーが似合っています!会場には本物のアントニオ猪木さん(写真右)をはじめ、有名企業社長や政財界からも多数の参列の中、ピアノとギターの生演奏もあり、とてもにぎやかで楽しい誕生会でした。お招き頂きました主催者のバーレーン大使に感謝申し上げます。

 
(写真左)の赤い服を着た中央の女性はキューバ革命の英雄チェ・ゲバラさんの娘で医師のアレイダ・ゲバラさんです。アンドレスさんの計らいで帰国前にお昼をご一緒させて頂きました。穏やかで笑顔がとてもキュートな素敵な方でした。今度日本に来た時には歯の治療をお願いね!と言って頂きました。とても光栄な事です。(写真右)は外国特派員記者クラブで行われたキューバの有名なトリオミュージシャンの演奏会での記念撮影。皆さんフレンドリーで本当に素晴らしい方々です。左の女性(ボーカル)は本国では歯科医師のお仕事もしているそうです。なんとも多才ですね!

 
 (写真左)はメキシコ大使公邸での文化イベント風景。他国の文化を理解することはとても重要と考えており、このようなイベントには時間の許す限り参加するようにしています。メキシコと日本の国交は400年になるそうです。 (写真右)は駐日アジア大使夫人会チャリティーイベント参加時に、ネパール大使と友人の津久居氏と記念撮影。他にもいろいろなアジアの大使ご夫妻にお会いしました。様々な国の文化に接することができるとても有意義な時間でした。

後編はまたあらためてご報告いたします!
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) (2012年7月21日 13:10) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :