インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

海外インプラント研修@ニューヨーク大学
ニューヨーク大学歯科大学院でのインプラント研修に参加してきました。このコースは以前に在籍していたコロンビア大学インプラントコースと同様に、2年間の長期に渡る研修プログラムで、ニューヨークだけでなく、北米、中南米、ヨーロッパ、中国、日本など様々な国での集中講義や解剖実習、LIVE Surgery(実際の患者様を治療して手技を学ぶ)などを通して多くの事が学べる実践的な素晴らしいコースです。著名な講師陣や内容の充実度から、世界的にも高く評価されている卒後教育プログラムとして知られています。

 
ニューヨーク大学歯科大学院のエントランス。右はセミナー室での講義風景。
シンプルだけど全てが洗練されています。さすがニューヨークです。

 
歯科界では大変有名なDr.Preston D.Miller。全米歯周病学会の会長も歴任した重鎮。歯周病治療の基礎知識から新たな診断法、治療法まで、朝から夕方までみっちり2日間の講義。とても勉強になりました。ミラー先生と約15年ぶりの再会を記念しての写真撮影。

その他にも、NYU副学長のDr.Kendall Beacam, サイナスグラフトの世界的権威Dr.Stephen Wallace、NYU,メリーランド大学,ペンシルバニア大学など複数の名門校で卒後教育に携わるスペシャリストDr.Cyril Evian, 審美インプラントの世界では著名なDr.Christian Stappertなどから、有益な情報をたくさん学ぶことができました。時差にもめげず、眠る事無く最後まで頑張り切りました!

今回のNYUプログラムには、世界最大のインプラント教育機関であるICOI国際口腔インプラント学会が共催として加わり、ICOIの認定医や指導医の育成プログラムも兼ねているので、そういう意味でも盛りだくさんの内容で、今後は症例発表や論文提出など益々忙しくなりそうです。私はICOIの認定医、指導医はすでに取得済ですが、復習の意味でも再度しっかり学びたいと思います。今年は海外研修が多く不在でご迷惑をおかけいたしますが、全て患者様のための知識と技術の向上のためですので、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 
追伸。今回も観光する時間はほとんどありませんでしたが、夜の食事は充実しておりました。ステーキ、ブラジリアンバーベキュー、超巨大ハンバーガー、シーフード、和食、中華、などなど。。。そんな中でもラーメンがことのほか美味しかったのはびっくりしました。(量の多さにもびっくりしましたが。。)いまNYは空前のラーメンブーム。ラーメン好きの自分には嬉しい出来事です。ちなみに写真左は地元でうまいと評判のラーメン屋店内。店員は全て外人。写真右は街で見つけた変な居酒屋。。??
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) (2014年6月 6日 22:59) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :