インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

ニューヨーク大学CDEコース@グアテマラ
ニューヨーク大学の卒後研修インプラントコースが中国天津セッションに続きグアテマラで開催され、今回私はプログラムリーダーの任を拝命し、遥々グアテマラまで参加してきました。

 
(写真左)グアテマラの地図。(写真右)は観光で訪れたアンティグアからの壮大な眺め。

グアテマラ共和国は中央アメリカ北部に位置する大変美しい国で、グアテマラコーヒーやロンサカパなどのラム酒が特産品として知られています。日本と同じ火山国なので山が多く、中米最高峰のタフルムコ山(4,220m)や、世界一美しいと言われるアティトラン湖があり、観光地としては旧首都でユネスコ世界遺産のアンティグアが有名です。

マヤ文明が栄えたことから現在も国民の過半数がマヤ系の民族とのことですが、スペインの植民地であったことからスペイン系民族も多く、公用語はスペイン語です。今回訪れた首都グアテマラシティは標高1500mの高地に位置するため一年中からっとした春の陽気で、とても過ごしやすい最高の気候でした。

 
Casa Santo Domingoという修道院を改装したホテルでのWelcome Dinner。歴史的遺跡に囲まれながらの食事は格別です。クリントン元米大統領も以前に宿泊し、その際にモニカルインスキー氏と大人の事情があったことでも有名らしいです(ガイド談;笑)

このようにとても素晴らしい国なのですが、実は治安があまり良くないことでも知れています。NYUのコースも第11期を迎え、毎回世界各地の提携する有名大学にて研修会が行われますが、日本人のグアテマラコース開催は今回初めての試みであり、治安を懸念する意見もあったことから、駐日グアテマラ大使館やグアテマラ政府外務省の協力を仰ぎ、万全の体制でのグアテマラ渡航になりました。

 
移動の際にはしっかり護衛がついておりました。お手配下さったグアテマラ大使に感謝です。しかし、日中の街中はとても治安が良く、女性が一人で歩いても大丈夫なくらい安全で正直拍子抜けしました。夜一人でフラフラ出歩いたり、スラム街に行かなければ、身の安全は充分に確保できます。

 
ニューヨーク大学インプラント科主任教授のDr.Choの講演風景(写真左)Dr.Choは、歯科界では大変著名なデニスターナー教授の片腕として多くの論文作成に携わり、現在も世界の歯科界を牽引しているリーダーとしてご活躍されています。講義の後は実際の患者様の難症例手術を複数見学させて頂きました。(写真右)は主催校のマロキン大学のAlfaro歯学部長と在グアテマラ日本大使館の川原特命全権大使との記念撮影。

 
(写真左)日本人参加者とマロキン大学のスタッフとの集合写真。中米の人たちはラテン気質で本当にフレンドリーで、いつ何時も笑顔でニコッと笑いかけてくれます。(写真右)の美女軍団は大学補綴科のレジデントのドクターで、中米各国から選抜された少数精鋭(約20人)の中のスーパーエリートです。マロキン大学( Universidad Francisco Marroquin) は中米カリブ諸国の中ではトップレベルの有名私立大学で、大統領や富裕層のご子息が通われていることでも知られているそうです。

 
(写真左)はフランシスコマロキン大学歯学部長のDr.Alfaro。観光やディナーなど我々日本人に終始同行しとても気さくにフレンドリーに接して頂き、本当に有り難く感謝しております。(写真右)は駐日グアテマラ特命全権大使のバイロン・エスコベド閣下と公務用の記念撮影。実は以前からの友人でプライベートでも親しくさせて頂いております。今回のグアテマラ渡航に関しては、参加者全員を大使公邸に招いてのReception Dinnerを開催、また現地でのセキュティーを確保して頂くなど、大変ご尽力いただき心より感謝しております。

また来年、グアテマラを訪れるのを楽しみにしております!皆様も機会があればぜひ!!
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) (2014年8月 8日 10:10) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :