インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

南カリフォルニア大学主催国際インプラントシンポジウム@Los Angeles
40th Annual USC International Periodontal and Implant Symposium がロサンゼルスのMillennium Biltmore Hotelで今年も盛大に開催されました。

以前にこちらのブログでもご紹介しましたが、この国際インプラントシンポジウムは世界的に大変評価の高い学会であり、毎年世界中から著名な歯科医が招聘され、素晴らしい講演を繰り広げます。私も幸運なことに4年前の第37回大会で発表する機会に恵まれましたが、今回は以前からの友人で昨年カリフォルニア大学歯学部のペリオレジデントをご卒業され、現在はファカルティーとしてご活躍されているDr.Minの応援を兼ねてLAを訪れました。

 
講演前のDr.Minと再会を祝しての記念撮影。写真右は先生のご講演風景。

名門カリフォルニア大学で教鞭をとられているミン先生のご講演は、流暢な英語で、時折ジョークを交えながらの、とてもスマートで素晴らしいご発表でした。日本にいた頃はよく当院まで遊びにいらしてくれたのですが、今では大変ご立派になり全く別次元の偉い人になってしまいました。(先日は先生のご研究が米国の権威ある学会から評価され、アワードと奨学金を頂いたそうです。今後アメリカの歯周病学会を牽引していくリーダー的存在に間違いなくなると思います)でもお会いした時はいつも、以前と変わらずフレンドリーに接してくれます。そんな謙虚な姿勢は先生の素晴らしいお人柄を物語っています。自慢の友人です。


 
写真左は本シンポジウムのプログラムチェアマンを毎年務めるUSC歯周病科のDr.Homa Zadeh先生と、ミン先生と同じく昨年USCのペリオレジデントをご卒業され、現在も米国でご活躍されている佐藤祥子先生との記念撮影。お二人には2009年のUSC Japan Programで大変お世話になり、現在も良き友人として親しくさせて頂いております。言葉では言い表せないほど素晴らしい人たちです。

短い時間でしたが、Dr.Marchack, Dr.Han, Dr. Istvan,Dr.Sameni そしてDr.Sascha Jovanovicなど多くの友人とも再会でき、また会食する機会にも恵まれましたので、今回も実りのあるLA滞在だったと思います。

多くの素晴らしい講演も聞けて、さらに良い刺激も頂きました。また近い将来、再びここで講演ができるように頑張りたいと思いました。

しかしながらここ最近は、仕事だけでなく複数の学会役員のお仕事や研修会の開催準備、様々な大使館など重要な関係各所からのありがたいお誘いなど複数のイベントが重なり、おかげさまで大変忙しく充実した日々を過ごしていた反面、時間に余裕がなくブログもしばらく滞ってしまう状態でしたので反省しております。。。

今年は新たな事業展開もあり、後半にかけてさらに忙しくなることが予想されますが、その忙しさをしっかり乗り越えて、様々な物事に対処していかなければなりません。精一杯頑張る所存でございますので、ご理解とご協力を賜りまりましたら幸いです。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!(って、もう3月だし。。。ほんとすみませんです;汗)
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) (2015年1月 3日 11:16) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :