インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

ICOI国際口腔インプラント学会関東甲信越支部学術大会
東京医科歯科大学特別講堂にて、ICOI Study Club Japan 第2回関東甲信越支部学術大会が開催されました。

昨年に引き続き、東京医科歯科大学インプラント科主任教授の春日井昇平先生、日本の歯周病治療の権威である伊藤公一先生(元日本歯周病学会理事長、日本大学特任教授)さらに日本のインプラント骨造成の権威である嶋田淳先生(明海大学歯学部病態診断治療学講座口腔顎顔面外科学分野1教授)のお力添えを賜り盛大に開催できましたことを ICOI Study Club Japan関東甲信越支部長、ICOI日本副会長として深く感謝申し上げる次第でございます。

 
東京医科歯科大学(写真左)まずは私から本学会についての趣旨説明をさせて頂きました(写真右)

関東甲信越支部の学術大会にもかかわらず、北は北海道から南は沖縄まで、定員オーバーの60数名の参加がありました。当日は天候も悪い中、東京マラソンも開催されており、交通混雑が心配されましたが、皆様無事に到着できてホッといたしました。

 
嶋田淳教授の特別講演(写真左)と参加者の熱心な受講風景(写真右)

今回は特別講演として嶋田淳教授にご登壇頂きました。嶋田先生は各学会や研修会でひっぱりだこの人気講師です。ユーモアたっぷりで分かりやすい講義は本当に素晴らしくとても勉強になりました。歯科の手術では難易度の高い上顎洞挙上術についての術前診断と周術期管理について、豊富な症例を供覧しながら、知っておくべき多くの大切なことをご教示頂きました。

 
写真左は長野県で大病院を経営されている有賀正治先生の基調講演。自院でのCTの活用について、診断から治療に至るまで、とてもハイレベルなインプラントの臨床ケースも交えてご講演いただきました。

他にも大変レベルの高い会員発表が活発に行われ、とても有意義な時間を過ごすことができました。ご参加いただきました先生方にこの場をお借りして深く感謝申し上げます。

患者様におかれましては、レベルの低いインプラント治療によるトラブルが散見される今日のインプラント現場において、世界最大のインプラント教育機関として高い評価と実績のあるICOI国際口腔インプラント学会とその支部であるICOI Study Club Japan 関東甲信越支部が、日本における良質なインプラント治療の普及と教育活動を通じて、安全で良質なインプラント治療をこれからも皆様に提供していけますよう誠意一杯頑張る所存でございますので、ご理解を賜りたく、何卒宜しくお願い申し上げます。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) (2015年2月22日 11:19) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :