インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

QDT2015 林直樹先生
ドイツ、アメリカ、フランス、イタリア、日本などの世界14カ国に国際的なネットワークを持ち、権威ある国際歯科大会なども運営する、歯科専門書籍の最大手クインテッセンス出版株式会社のドイツ本社より『QDT2015』が出版されました。これは本年度、世界で最も素晴らしいと評価された仕事が選出掲載される、年1回発行のイヤーブックです。

世界的な歯科技工士として大変著名なマスターセラミスト林直樹先生が今年も選出され、私とコラボレーションしたインプラントとセラミック修復の臨床ケースも掲載されましたのでご報告申し上げます。

 
本年度のQDT2015の表紙(写真左)は林直樹先生の撮影した写真が使用されています。
Masterpieceという高度な技術を紹介する特別コーナーでの掲載でした(写真右)

 
本症例では、患者の審美的、機能的な問題点を改善するために、審美的歯周形成外科(歯肉のラインを綺麗に揃える術式)や、破折歯の抜歯と審美インプラント治療、セラミッククラウン、ラミネートベニヤなど、とても複雑な治療を同時に行いました。

このようなケースでは、それぞれの修復物の色調をぴったり合わせることは至難の技と言われていますが、そこは世界の林先生、非常に高度な技術を駆使して、信じられないほど綺麗で素晴らしいセラミック修復物をご製作されます。そこが世界トップと言われる所以でしょう。

毎回、アメリカから届く歯科技工物を拝見するたび、ため息が出るような素晴らしいお仕事に感嘆し(歯オタクですみません;笑)、もちろん、患者様も大変ご満足されてお喜びになられますので(実際に嬉し泣きする方も珍しくありません)一緒にお仕事をさせていただき本当にラッキーで幸せだと常々感じております。

林直樹先生は国際セラミックシンポジウム(LA開催)、クイント国際シンポジウム(シカゴ開催)など、世界最高峰の数々の主要学会で、クロージングスピーカー(いわゆるオオトリと呼ばれる、学会をクローズするに相応しいメインの最終講演者)として登壇しており、その名は広く世界に轟いています。

これらの学会の招待スピーカーは世界トップの著名な歯科医師がほとんどなので、毎回最終講演者として招かれる林先生の評価と業績は実はとんでもなくすごいことなのです。当然、日本の歯科医でこの偉業を達成した人は残念ながらまだ誰もいません。

いつの日か私もそこに登壇できるよう、目標を高く持ち、日々頑張っていきたいと思います。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
祝・具志堅用高氏国際ボクシング殿堂入り
多くのニュースやテレビで報道されていますが、ボクシング元世界王者の具志堅用高氏が栄誉ある国際ボクシングの殿堂入りを果たし、ボクシングの聖地と言われる米国のカナストータにて表彰されました。

今ではお茶の間で見かけない日がないほど、タレントとして大人から子供まで大人気の具志堅さんですが、皆さんご存知のとおり、ボクシングの現役時代の偉業は凄まじいものがあり、元WBA世界Jr.フライ級(現ライトフライ級)の王者として13度の連続王者防衛記録(日本記録)を持つ、カンムリワシの愛称で知られた最強の人気ボクサーでした。私も小学生の頃、ボクシング好きだった父とテレビで観戦して盛り上がったのを覚えています。

当時のボクシング界は団体や階級も少なく、今ほど世界チャンプは多くありませんでした(現在はWBA,WBCの他に,WBO,IBFなどの公認団体が存在し、階級もより細分化されたため、当然世界チャンプの数も増えました)今よりも限られた人しか世界チャンプになれない時代でした。そんな中でも、対戦相手は世界ランクの上位(強い方から順に)からわざと選んで片っ端からやっつけていったという、今では考えられないような強さを誇っていました。

専門的な話ですが、公式戦では現在8オンスの重さのグローブが使用されていて、これはこれで打たれると相当痛いのですが(ちなみにスパーリングでは安全のため12〜16オンスを使用)、当時は6オンスのもっと軽く薄いグローブで試合が行われており「素手で殴られていたような感覚だった」と具志堅さんも言っていました。そんな中、15ラウンド(現在は規定により最長12ラウンド)も果敢に打ち合ってKO勝利を積み重ねた具志堅さんは、本当に偉大なチャンピオンだったと思います。

まさに雲の上の人。。でしたが。。。最近はご縁があり、光栄なことによくお会いさせていただきます。先日ご来院の際にも殿堂入りのことについてお話しになり、参加を大変楽しみにしているとのことでした。

私事ではございますが、10年来の白井具志堅ジムのボクシング一般練習生、兼ジム後援会メンバーとして、またジムの選手やトレーナーの歯科治療やマウスガード製作などのオーラルケアを担当、そして具志堅用高氏のインプラント歯科治療の主治医として普段から親しくさせていただいている者として、この場をお借りして大変恐縮ですが、この度の国際ボクシング殿堂入りを心からお喜び申し上げる次第でございます。具志堅さんの今後の益々のご活躍とご健勝、そして白井具志堅ジムのさらなるご発展を心より祈念しております!


この記念撮影時に私が着ているグレーのスーツとネクタイは、実は具志堅さんのお古です。肩幅、袖、パンツの長さなど、直し無してなぜかサイズがピッタリだったりします(笑)
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
コロンビア大学&ニューヨーク大学
米国の名門校コロンビア大学に新設されたICOIインプラントセンターの完成記念式典が厳かに執り行われ、光栄なことにコロンビア大学学長よりご招待を賜り、遥々ニューヨークまで行って参りました。

このインプラントセンターは、ICOI国際口腔インプラント学会の協賛のもと、元ニューヨーク大学インプラント科教授で世界的に著名なDr.Dennis Tarnowをあらたにディレクターに迎え、この度めでたく完成の運びとなりました。このような場合、米国では寄付がよく行われますが、私もICOI国際口腔インプラント学会の日本副会長としての立場から寄付を行った関係で、このようなご招待をいただいた次第です。

 
コロンビア大学学長からの正式な招待状。インプラントセンターの入り口にはドネーションを行った先生の名前が刻まれたパネルが掲示してあります。とても光栄なことですので、まずは記念撮影(笑)

 
(写真左)左からコロンビア大学歯学部インプラント科主任教授のDr.Dennis Tarnow先生、ICOI国際口腔インプラント学会会長のDr.Kenneth Judy先生、そしてコロンビア大学歯学部長で、今年からコロンビア大学全体の学長(総長)に就任したDr.Christian S.Stohler先生らの錚々たるメンバーによるテープカット。(写真右)はターナー教授と久々の再会を祝しての記念撮影。

式典後は、現在ニューヨークで一番との呼び声も高いDel Frisco's Double Eagle Steak Houseにご招待いただき、ラグジュアリーな雰囲気の中、とても美味しい、とんでもない量のステーキとワインをご馳走になりました。まさに至福の時間でした。

さて、他の日はのんびりニューヨーク観光でもしていたのだろう、と思わるかもしれませんが、実は終日、ニューヨーク大学でのインプラントの特別セミナーに参加しており、観光の時間はまったくありませんでした。(いつものことですが。。涙)

 
またまたやってきてしまいました、NYU歯学部。空港から直行で講義に参加し、毎日朝8時から夕方までみっちり講義でした。我ながら本当に勉強好きだなあと思います(笑)学生時代の友人はこんな姿は想像もできないと思いますが。なにせバンド活動で学校さぼってばかりで、講義も居眠りばかりの不勉強で不真面目な学生でしたから。。

まあそんなわけで、勉強ばかりではさすがに嫌になってしまうので、夜はグルメの友人に同行してちょっと贅沢なニューヨークのディナーを堪能してきました。

 
まずは世界一のステーキハウスとも称されるPeter Luger Steak Houseへ。和牛のような霜降り肉ではないのですが、しっかり脂ののった咬みごたえのあるジューシーで美味しいお肉でした。外がカリッと焼きあがってとても香ばしく、評判どおりのとても美味しい最高のステーキで大満足でした!

 
こちらはニューヨークでNo.1のシーフードフレンチレストランLe Bernardin。ミシュラン3つ星、New York Times4つ星にランクされているそうで、今回は各料理毎におすすめの赤白ワイン(日本酒もありました)がついたスペシャルコースを頂きましたが、まるで日本で食べているような繊細で大変美味しいお料理でした。アメリカでこんな繊細な料理が食べられるなんてびっくりです(笑)同行した友人(日本を代表する素晴らしい歯科医の先生方)と、美味しい料理に舌鼓しながらワイン片手に楽しい時間を過ごしました(写真右)

海外研修では毎回こんな贅沢している訳ではないのですが、たまには自分へのご褒美も良いのではと思う今日この頃。。しっかりお仕事しますので何卒お許しくださいませ(長旅の疲れと時差ぼけの頭と体に鞭打って今日も診療頑張っておりますので。。)
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
ICOI国際口腔インプラント学会関東甲信越支部学術大会
東京医科歯科大学特別講堂にて、ICOI Study Club Japan 第2回関東甲信越支部学術大会が開催されました。

昨年に引き続き、東京医科歯科大学インプラント科主任教授の春日井昇平先生、日本の歯周病治療の権威である伊藤公一先生(元日本歯周病学会理事長、日本大学特任教授)さらに日本のインプラント骨造成の権威である嶋田淳先生(明海大学歯学部病態診断治療学講座口腔顎顔面外科学分野1教授)のお力添えを賜り盛大に開催できましたことを ICOI Study Club Japan関東甲信越支部長、ICOI日本副会長として深く感謝申し上げる次第でございます。

 
東京医科歯科大学(写真左)まずは私から本学会についての趣旨説明をさせて頂きました(写真右)

関東甲信越支部の学術大会にもかかわらず、北は北海道から南は沖縄まで、定員オーバーの60数名の参加がありました。当日は天候も悪い中、東京マラソンも開催されており、交通混雑が心配されましたが、皆様無事に到着できてホッといたしました。

 
嶋田淳教授の特別講演(写真左)と参加者の熱心な受講風景(写真右)

今回は特別講演として嶋田淳教授にご登壇頂きました。嶋田先生は各学会や研修会でひっぱりだこの人気講師です。ユーモアたっぷりで分かりやすい講義は本当に素晴らしくとても勉強になりました。歯科の手術では難易度の高い上顎洞挙上術についての術前診断と周術期管理について、豊富な症例を供覧しながら、知っておくべき多くの大切なことをご教示頂きました。

 
写真左は長野県で大病院を経営されている有賀正治先生の基調講演。自院でのCTの活用について、診断から治療に至るまで、とてもハイレベルなインプラントの臨床ケースも交えてご講演いただきました。

他にも大変レベルの高い会員発表が活発に行われ、とても有意義な時間を過ごすことができました。ご参加いただきました先生方にこの場をお借りして深く感謝申し上げます。

患者様におかれましては、レベルの低いインプラント治療によるトラブルが散見される今日のインプラント現場において、世界最大のインプラント教育機関として高い評価と実績のあるICOI国際口腔インプラント学会とその支部であるICOI Study Club Japan 関東甲信越支部が、日本における良質なインプラント治療の普及と教育活動を通じて、安全で良質なインプラント治療をこれからも皆様に提供していけますよう誠意一杯頑張る所存でございますので、ご理解を賜りたく、何卒宜しくお願い申し上げます。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
インプラントベーシックコース
インプラントベーシックコースを下記のとおり開催しました。



海外で学び、これからの歯科界を担う新進気鋭の先生方と一緒に、5ヶ月に渡り、講義と実習を分担しながら、そして時には協力しながら研修会を行い、先日無事に成功裏に会を終えることができました。

 
恥ずかしながら私のレクチャー風景の写真です。今回は世界のインプラントのリーディングカンパニーの一つであるストローマン社とバイオメット3i社の研修室をお借りして講義実習を行いました。設備も充実してましたが、各会社のスタッフのサポートが本当に素晴らしく最高でした。休日にもかかわらずご協力いただきありがとうございました。

 
実習では豚顎を用いて、インプラントの埋入から縫合まで、基礎的な術式や、実際の臨床での注意点などを交えて指導しました。写真右はDr.Sascha Jovanovic(ヨーロッパインプラント学会元会長でインプラント骨造成の世界的権威)の片腕としてLAで学んでいた山中隆平先生による実技指導の模様。本家もびっくりの素晴らしい手技でした。

 
講師と受講生との記念撮影(写真左)と修了証授与式での模様(写真右)
毎回の懇親会も盛り上がり、大変有意義で楽しい時間を過ごすことができました。

本コースは主に若手の先生方が対象でしたが、経験のある先生方にとっても基礎を見直す良い機会であったと思います。一応講師として参加させていただきましたが、他の先生方から学ぶことの方が多く、何か非常に得した気分でした(笑)

このような素晴らしい研修会を企画して下さったコースディレクターのKing米本久史先生、ご一緒させていただき多くのことを学ばせて頂いた講師の山中隆平先生、梅津清隆先生、本間輝章先生、アドバイスを頂きました鈴木仙一先生、そしてご参加された先生方に心から感謝するとともに、次回開催に向けてさらに内容をブラッシュアップしたいと思いますので、皆様のご理解とご支援を賜りたく、今後とも宜しくお願い申し上げます。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
 
2