インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

ICOI Study Club Japan 第1回関東甲信越支部学術大会
東京医科歯科大学にて ICOI Study Club Japan 第1回関東甲信越支部学術大会が開催されました。ICOI Study Club Japanは世界最大のインプラント教育機関であるICOI国際口腔インプラント学会の日本における地域レベルでのインプラント教育と会員サポートの充実を目的に新たに結成された組織です。

今回私は、初代 ICOI Study Club Japan関東甲信越支部長として企画・運営に携わり、東京医科歯科大学インプラント科主任教授の春日井昇平先生と日本大学歯学部特任教授の伊藤公一先生(元日本大学歯学部歯周病科教授、元日本歯周病学会理事長)という、日本を代表する大変著名な両教授のお力添えのもと、関東甲信越支部で初となる学術大会を開催する運びとなりました。

 
病院内にスタバもある近代的な東京医科歯科大学(写真左)改装された講堂はとても綺麗で設備も充実してました。中塚副支部長の開会の挨拶の後、関東甲信越支部長として ICOI Study Club Japanの設立の趣旨や今後のICOIの活動について説明プレゼンをさせていただきました(写真右)

 
続いて東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科インプラント・口腔再生医学主任教授で、このたび初代ICOIアジア太平洋本部理事長に就任された春日井昇平教授の特別講演。安全にインプラント治療を行うための注意点、特に術前の診査診断の重要性などについて、教授独自の鋭い視点からの貴重なお話を聞く事ができました。座長が伊藤公一教授という大変贅沢な顔ぶれにもまさに恐縮の一言です(汗)

 
私も基調講演として『充分な患者満足を得る為の審美インプラント治療の実践』というタイトルで約1時間ほどお話させて頂きました。審美領域(笑った時に見える主に前歯の部分)のインプラント治療を成功に導き、患者様の要求をしっかり満たして充分な治療満足を得る為に何が重要か、またどのような点に注意して治療を行うべきなのか、実際に当院で施術したケースを供覧しながら、私の考えを述べさせて頂きました。


講演のタイトルスライド。LAでの講演内容も含めてお話させて頂きました。

その後は会員発表が4題(大学関係者2題、開業医2題)ありました。レベルの高い大変素晴らしいご発表が続き、春日井教授の座長のもと、質疑応答も大変盛り上がりました。

閉会の辞は、本年10月3〜5日に東京国際フォーラムで開催のICOI世界大会の大会長も努められる、伊藤公一教授の熱いメッセージを込めたご挨拶で無事に幕を閉じました。支部での開催でしたが、北海道、北陸、中部、九州などからもご参加いただき、会員の熱意と意識の高さを感じました。初開催で大変なこともありましたが、関東甲信越副支部長の優秀な先生方にも助けて頂き、何とか盛会で終える事ができてほっとしております。特に準備企画段階から多大なご尽力を賜りましたICOI世界本部理事のKate E. Matsumoto氏と鈴木仙一教授(前ICOI日本会長)、嶋田淳教授(明海大学)、加藤英治先生(日本副会長)、中塚敏弘先生、有賀正治先生、中島航輝先生、岩城正明先生、米本久史先生、河野慶吾先生、丹野努先生(素晴らしい司会進行ご苦労様でした!)ICOI日本事務局、デンタルプロモーション中屋社長にこの場をお借りして御礼申し上げます。

これからもICOI Study Club Japanの活動を通して、世界標準の質の高いインプラント教育の普及に貢献し、多くの患者様に安全で素晴らしいインプラントの恩恵を享受して頂けますよう、地道に頑張って参りたいと考えておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

http://jp.icoi-ap.org/
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
アメリカ大使館HPの病院リストに掲載
米国大使館・東京/日本の公式ホームページアメリカ市民サービス・病院リスト(英語のみ)のページに当院の医院情報が掲載されております。宜しかったらご参照下さい。
                ↓
http://japan.usembassy.gov/e/acs/tacs-tokyodoctors.html#DENTISTS

開業当時の2002年頃から数年間、米国大使館の宿舎に英会話の勉強で毎週通っていた関係で、米国大使館員の友人がたくさんできて、そのうち歯の治療にも通って頂くようになりました。その当時の友人達はすでに日本での任務を終えて、米国務省や世界各国の米国大使館に旅立ってしまいましたが、今でも親しく連絡を取り合っています。そこからの紹介もあり、現在までに、北米、中南米、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジア、オセアニアなど、世界約40カ国から外交官を中心に様々な国籍の方が訪れており、各国の大使も含めて、とても親しい友人もたくさんできました。そのご縁でいろいろな国の式典やイベントにもお誘い頂き、大変充実した日々を送らせて頂いております。人のご縁は本当にありがたいもので、何物にもかえがたい最大の財産であると日々感謝しております。


ETC英会話スクールの仲間と米国大使館宿舎にて記念撮影。
2002年、思えばすべてはここから始まりました。本当に懐かしい写真です。

写真の中段に写っているブロンドヘアーの紳士とその左側にいる黒髪の女性が私の英会話のプライベートレッスンの先生、SkipさんとNeliaさんご夫妻です。ちなみに僕の後ろに写っている赤い服の男性は、超有名ミュージシャン「ケツメイシ」のダイゾウさんです。ホームパーティーで生徒さんが一同に会した際の写真です。

当時まだあまり英語を話せなかった自分が日常会話に困らないレベルになれたのもこの素晴らしい先生方との出会いとETC英会話スクールのおかげです。「英語をどうやって勉強したの?」と良く聞かれますが、その答えはこちらになります。英語を本気で勉強したい方にはETC英会話は本当におすすめです。もうすでに何十人も紹介してたりします。「歯科医の佐藤の紹介」と言えばきっと良くしてくれるはずです(笑)
        ↓
ETC英会話 http://etc-eikaiwa.com/
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
国際口腔インプラント学会指導医取得@コロンビア大学
ニューヨークのコロンビア大学にてインプラント研修コースに参加してきました。このコースはコロンビア大学歯学部インプラント科と国際口腔インプラント学会の共催による、指導医育成のための2年間のインターナショナルプログラムの最終ステップで、米国フロリダでの研修と英文筆記試験、日本、ベトナム、台湾の学会での集中講義や研修、Tarnow Institute advanced Implant 3days course(世界的インプラント外科医デニスターナー教授による特別集中講義)、UCLA Thomas Han教授による英語でのケースプレゼン審査と多数の症例提出および審査等、様々な試練を経て、今回のニューヨークでの約1週間に渡る集中講義と学会修了後に、合格者のみ指導医資格が授与されました。もちろんすべての過程を無事にパスし、念願のDiplomate(インプラント指導医資格)を取得いたしました!

 
極寒、雪のニューヨークコロンビア大学にて。コロンビア大学は世界大学ランキングで常に上位にランクする名門校で、オバマ大統領や歌手の宇多田ひかるさんの母校としても知られています。格式の高さと歴史の重みを実感する美しいキャンパスでした。

 
コロンビア大学インプラント科Dennis Tarnow主任教授の講義(写真左)から始まり、Drs.David Gelb,Frank Celenza,Richard Smithなど著名な先生の集中講義が早朝から夕方までみっちり行われました。日本と14時間の時差があり正直つらかったですが、寝ずに集中して講義をしっかり聞きました。まるで修行のようでした(笑)
写真右はICOI会長Dr.Kenneth Judy とコロンビア大学歯学部長Dr.Christian Stohlerに囲まれてのサティフィケート授与式の模様。普段めったにお会いできないとてもお偉い先生方です。本当にありがたいことです。

 
写真左はロックフェラーセンターの有名な巨大クリスマスツリー。今回は終日多忙でニューヨーク観光する時間が全くありませんでしたが、役員ディナー終了後の帰り道の混雑の中、何とかツリーまでたどり着いて無事撮影!いい思い出になりました。今度はいつの日かのんびり観光で訪れたいものです。

写真右はICOI Diplomate(指導医)認定証を持っての記念撮影。欧米で歯科治療を行う場合、日本のような国民皆健康保険が存在しないため、高額の治療費をカバーするため民間の歯科保険に加入するのが一般的ですが、この民間保険会社が患者にインプラント治療を斡旋する場合、ICOIの Diplomate資格を有する歯科医を優先的に紹介するそうです。(その方が治療のトラブルが少なく事業が円滑に進むというのが理由だそうです)また医療訴訟の際には、この資格を有する医師の発言はとても強い影響力があるとの事です。日本ではまだ認知度がそれほど高くないですが、世界的には(特に米国においては)とても権威ある信頼性の高い資格の一つと言われています。

ICOI (International Congress of Oral Implantologists) は1972年に設立され、世界65カ国250万人以上の会員数を有する世界最大規模のインプラント教育機関であり、学会機関誌「IMPLANT DENTISTRY」は全世界の選ばれた82歯科学会中、日本最高位である36位のインパクトファクター(IF;自然科学、社会科学分野の学術雑誌を対象とし、学術誌の影響度や認知度および科学的信頼性を研究者が評価する際に最も広く使用されている指標)を有しています。この意味は、当学会の学術水準レベルの高さと世界的な影響力の大きさや社会的信頼度の高さを示す一つの指標と言えます。(ちなみに日本口腔インプラント学会や他の日本のインプラント関連学会の機関誌はインパクトファクターを有しておりません。参考までに。。)

もちろん、指導医や認定医の資格の有無が治療の善し悪しのすべてを反映しているものではなく、またインパクトファクターが学会のすべてを評価するものではありませんが、国際基準でしっかりと評価されているものにはやはりそれ相当の違いはあると私は考えます。医院選びの選考基準には十分になり得ると思いますし、こちらも強い責任感と自覚を持って日々の治療に臨んでいるのも事実です。そういう意味でもICOI Diplomateの名に恥じぬよう、日々研鑽して世界標準の質の高いインプラント治療を実践して行きたいと思います。

早いもので今年の12月24日で開院12年目になりました。今回の指導医取得を一つの出発点として、気持ちも新たに益々頑張って行きたいと思いますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。


注意:国際口腔インプラント学会と日本訳されている学会には、現在ICOIの他に、ISOI (International Society of Oral Implantology) や、AIAI (Academy of International Advansed Implantology) などいくつか存在しますが、国際的な信頼度や学術的な評価は全く異なる別団体ですので、混同しないようくれぐれもお気をつけ下さい。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
ICOIアジア太平洋地区学術大会@台湾
台湾の台北医科大学にて国際口腔インプラント学会のアジア太平洋地区学術大会が盛大に開催され、アジア太平洋地区役員として参加してきました。日本からは約280名の参加者があり、式典に臨席していた台湾の衛生省大臣が、かつて開催された単一の国際イベントで最大の日本人参加者であったと驚いていたそうです。

 
台北医科大学の正面入り口。非常に大きな建築物でした。会場は伝統を感じさせる威厳のある作りでした。日本だけでなくアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋諸国から多数の参加者があり、多くの素晴らしい講演発表が行われました。とても勉強になったのは言うまでもありません。

 
幹部役員参加のPresident Night Dinner partyにて(写真左)国際学会本部の会長、次期会長や各国の役員参加のもと友好的な親睦会が開催されました。写真は東京医科歯科大学インプラント科の春日井教授のご挨拶。(写真右)はGALA PartyにてICOIプレジデントのJon B.Suzuki先生とUCLAのThomas Han先生との記念撮影。こちらのパーティーも大いに盛り上がりました。台湾の先生の勢いは凄まじいものがあります(笑)

観光する時間は一切ありませんでしたが、とても有意義で楽しい学会参加でした。世界各国の素晴らしい先生方とお会いし素晴らしい講演発表を見て、日々の臨床をもっと頑張りたいというモチベーションの向上に繋がりました。

毎回来て思いますが、台湾の方々は親日家で本当に親切ですね。今度はプライベートでゆっくり訪れたいものです(。。って、そんな時間がまったくとれない今日この頃です。。今は仕事一筋、頑張ります!合掌。。)
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
「さのまる」@「ゆるキャラグランプリ2013」優勝!
栃木県佐野市のブランドキャラクター「さのまる」が「ゆるキャラグランプリ2013」において1579体の強豪ゆるキャラ達を押さえ、約120万票という過去最多得票数で見事堂々の1位に輝きました!
 
さのまるくんです!ラーメンどんぶりハットにイモフライ剣(笑)

ニュース等でご存知の方も多いと思いますが、実はこの「さのまる」くんとは意外なご縁があり、「公認」キャラクターソング「さのまるろっくんろーる」(歌:坂井邦先さん)の作詞、作曲を私のいとこ「松永安優美」が担当していた関係で、かなり以前からこのゆるキャラをひそかに応援しておりました。(はずかしながら本当です)

 「さのまるろっくんろーる」の動画はこちら
踊りは医療法人聖生会の幹部役員。いつもごくろうさまです!

いとこの松永医師は現在「医療法人聖生会」「社会福祉法人裕母和会」の理事長として、佐野市や栃木市に9件の介護関連施設や病院を運営しているため、その手腕を買われ、かねてから佐野市の町おこしの手助けを青年会議所から依頼されていたそうで、その一環として「さのまる」の応援を引き受けることになったと聞いております。

「さのまる」くんと「松永安優美」医師

私の父「佐藤川太」そしていとこの父「松永和夫医師」(医療法人聖生会松永医院名誉院長)も共に作曲家協会に所属した作曲家だった影響もあり、私も松永も作詞/作曲は実は得意だったりしますが、手前味噌ながらこの「さのまるろっくんろーる」はとてもキャッチャーで覚えやすく、秀逸な曲だと思います。(さすがに100曲以上作曲し、レコードデビューしているだけあります)

佐野市の「公式」キャラクターソング「さのまる音頭」は歌手のダイヤモンド☆ユカイさんが自作で歌われていて、こちらも大変素晴らしい曲ではありますが、やはり私には「さのまるろっくんろーる」の方がなじみが深く、愛着があります。

さらに歌手の坂井邦先さん(オフィスコットン所属)がポプラ社の御曹司というご縁もあり、さのまるの絵本「さのまるの たいせつな たからもの」が先日ポプラ社から出版され、あっという間に完売増刷というお話でした。さすがメディアの力はすごいですね。

この絵本には「さのまるロックンロール」のCDが付録でついています。


「さのまる」くん、ゆるキャラ日本一の偉業達成!!ひそかに嬉しい今日この頃です(笑)
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
     
4