インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

ブループラネット賞
ブループラネット賞の表彰式典と祝賀パーティーにご招待を賜り出席して参りました。
ブループラネット賞とは公益財団法人・旭硝子財団により1992年に創設された地球環境国際賞で、地球環境問題の解決に向けて著しく貢献した個人/組織に対してその業績を称え贈られます。副賞賞金5000万、地球環境問題のノーベル賞と言われています。


本年度の受賞者は松野太郎博士(日本:海洋研究開発機構地球環境変動領域特任上席研究員)とダニエル・スパーリング博士(米国:カリフォルニア大学デービス校教授)で、松野博士は「地球温暖化と気候変化の解明に大きく貢献をした功績」により、スパーリング博士は「交通が環境に及ぼす影響を研究し、都市の環境政策に大きな進歩、指針をもたらした功績」により受賞されました。

  
松野太郎博士とダニエル・スパーリング博士

表彰式典には秋篠宮、同妃両殿下のご来臨のほか、米国など各国の駐日大使や国内外の各界を代表する著名人が多数参列し、安倍晋三内閣総理大臣からの来賓祝辞(代読)もあり、この賞の格式の高さを実感しました。(当然撮影厳禁のおごそかな式典でした)

翌日、国連大学で開催された両博士の受賞記念講演にも参加させて頂き、地球温暖化と異常気象の問題や、地球シュミレーターを用いた温暖化予測などについて(これは本当に革新的な凄い技術です)、また環境に配慮した都市計画の進め方や、そのために必要な持続可能な交通輸送システムの構築など、これからの人類にとって大変重要である貴重なお話を伺うことができました。

両博士のご講演は大変素晴らしく、人類の未来に希望の光を見いだす崇高な研究であると思いました。そしてこのように優秀な研究(者)に対して資金面でも多額のサポートをされている旭硝子財団(世界最大手ガラスメーカー旭硝子の創業25周年を記念して設立された財団)の功績も本当に素晴らしいものであると思いました。

歯科の勉強だけでなく、他に学ぶべき大切な事が多々あるとあらためて認識しました。このような貴重な機会を与えて下さった旭硝子財団の患者Y様に心より感謝申し上げます。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
高級焼酎フロム鹿児島
鹿児島よりインプラントのメンテナンスのため定期的に通院されている患者様(インプラント治療はもちろん無事に終了し、現在はインプラントと残存歯の維持管理のためのメンテナンスを継続中)より、日頃お世話になっている御礼にと毎年、高級焼酎をお送り頂いております(毎回ケースで届きます:驚)



もう既にかなり飲んでしまいましたので、実はこれ、ほんの一部なのですが、せっかくなので記念写真を撮ってみました(笑)自分たけでなく、お酒好きの当院受付も大変喜んでおります(^^)/

K様、いつも本当にありがとうございます!この場をお借りして心より御礼申し上げますm(_ _)m
K様も飲みすぎにはどうぞお気をつけ下さいませ。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
2013 JAID秋期学術大会
JAID秋期学術大会が東京国際フォーラムにて盛大に開催されました。



JAID;Japanese Academy for International Dentistryは、USC(南カリフォルニア大学)UCLA (カリフォルニア大学ロサンジェルス校)NYU(ニューヨーク大学)コロンビア大学などのCEコース(卒後研修プログラム)を修了した新進気鋭の歯科医が全国から集まり結成された、全米歯科学会のアフェリエート機能を持つ新しい学会組織です。

全米の一流大学歯学部との協力なコネクションにより、定期的に海外の著名な歯科医を招聘、またはライブでのウェブ講演を開催してきましたが、今回は日本が世界に誇る審美歯科界の巨匠、山崎長郎先生とインプラントで世界的に著名な波多野尚樹先生の両氏を招聘しての特別講演と、またJAID会員の若手歯科医によるコンペティションも同時に開催しました。

 
山崎長郎先生(SJCDインターナショナル会長)と波多野尚樹先生(マキシスインプラントインステチュート主幹)の講演風景。大変素晴らしいご講演でとても勉強になったのは言うまでもありません。

 
若手歯科医の講演風景。こちらもレベルの高い素晴らしい発表でした。右は今回の発表者と特別講師との記念撮影。とても良い刺激を頂きました。モチベーション上がります。

今回は自分の発表はありませんでしたが、学術担当理事として、東京フォーラムとの交渉からプログラムの作成、当日の会の運営など、裏方の仕事を任されて多忙にしておりました。大変なことも多々ありましたが、多くの優秀な先生方に助けて頂いたおかげで、何とか無事に滞り無く、大成功裏に学会を終える事ができました。この場をお借りして関係各位に感謝申し上げます。

日本の歯科界を盛り上げていくため、JAIDは今後も益々精力的に活動していく所存でございます。また自分もこの学会を通じて、さらに勉学に励み、よりレベルの高い世界標準の治療を身につけて行きたいと考えています。目指すはやはり世界です。ゴールはまだまだ遥か彼方ですが、コツコツ頑張ります!

JAID   http://www.jaid-japan.com/
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
祝・ボクシング世界チャンピオン!!
2013年8月1日、タイ・バンコクにてボクシングWBA世界フライ級暫定タイトルマッチが行われ、同級7位の江藤光喜(白井具志堅ジム)が暫定王者のコンパヤック・ポームラム(タイ)を3−0の判定で下し、見事にWBA暫定世界王者を獲得しました!

  
WBA世界フライ級暫定新チャンピオンの江藤光喜選手と野木丈司トレーナー
写真右は江藤チャンプ祝勝会にて記念撮影

これは単なる勝利ではなく、実はとても凄いことだったりします。ボクシングという競技はサッカーと同様、ホームでの試合は判定にとても有利な場合が多いのですが、特にタイという国はその傾向が顕著で、日本の名だたる歴代名チャンピオンが約50年に渡り18戦挑戦し続けて、まだタイでは1度も勝ったことが無く、日本人はタイでは絶対に勝てないというジンクスまで存在しました。そんな状況の中、見事勝利をおさめた江藤選手は快挙を成し遂げたと関係者の間では高く評価されています。私も後日録画で見ましたが、本当に素晴らしいファイトでした!

以前にこのブログでも書きましたが、私も白井具志堅ジム(日本初の世界チャンピオン白井義男氏と伝説の13回防衛記録チャンピオンの具志堅用高氏が会長を務めるジム)の一般練習生として週2回程度はプロと同様のハードなトレーニングをこなしており、江藤選手も一緒に練習する仲間だったりします(まあ、年はたいぶ違いますが。。笑)他にもWBA女子世界スーパーフライ級チャンピオンの山口直子選手や将来有望な世界ランカー達をはじめ、トレーナーには第36代WBC世界フライ級王者の内藤大助選手をチャンピオンにした名伯楽として知られる野木丈司氏など、素晴らしいメンバーに囲まれながら、日々充実した過酷なトレーニングを積んでおります。

 
(写真左)左からWBA世界暫定王者の江藤光喜選手、具志堅用高氏、江藤大喜選手。
(写真右)左からWBA女子世界王者の山口直子選手、元OPBF王者つのだのりこ選手

 
当院スタッフと具志堅用高氏、野木丈司トレーナー。後援会活動以外にオーラルケアを通じて白井具志堅ジムを応援しています。(南青山インプラントセンターにて)

内藤大助選手の時もそうでしたが、江藤選手の普段からの並々ならぬ努力を間近に見ている人間としては、今回のタイトル奪取は本当に嬉しいものであり、ジムの後援会メンバーの立場としても、具志堅さんと一緒に喜びを分かち合った次第です。江藤君、本当におめでとう!!

僕も歯科界の世界チャンピオンを目指して、ボクシングを通して心身をさらに鍛えながら、日々勉学にも励んで行こうと決意を新たにしました。まだまだ若い者には負けないですよ(笑)頑張りますので、白井具志堅ジムの選手ともども、応援宜しくお願いします!


投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
日本顎咬合学会学術大会
第31回日本顎咬合学会学術大会・総会が5000人を超える参加者のもと、東京国際フォーラムにて盛大に開催されました。日本顎咬合学会はその名のとおり、ナソロジーという噛み合わせの学問を学ぶ学会が起源ですが、現在では歯科医療全般に渡って、歯科医、歯科衛生士、歯科技工士や歯科に関わる全ての方が様々な事を学べる情報発信の場として発展し、会員数8000名を超える日本有数の学会に成長しました。

毎年、世界的に有名な海外演者を招聘し、また国内からも著名な素晴らしい臨床家が多くの優れた発表を行います。今年の海外招待演者は、全米審美歯科学会および全米補綴歯科学会の前会長で、世界的に著名な審美歯科学の権威Dr.Boldwin Marchack 南カリフォルニア大学歯学部教授でした。ユーモアたっぷりのマーチャック先生の講義は大変素晴らしいものでした。USC Japan Programでもお世話になったご縁でプライベートでも親しくさせて頂いている教授との久々の再会はとても喜ばしいものでした。

 
マーチャック先生の講演風景。USC Japan Program同期で、現在はUSC 南カリフォルニア大学歯学部歯周病科のレジデントとして活躍している佐藤祥子先生のお写真を講義の中でたくさん拝見しました。全米屈指の難関USCペリオレジデントの狭き門を突破し、遠いアメリカで頑張っている佐藤先生の勇姿を見て大変刺激になりました。自分ももっともっと頑張らないといけないですね。。。目指すはやはり世界です!


今年は学会から講演依頼をうけてテーブルクリニックにて発表させて頂きました。
おなじくUSC Japan Programでお世話になった南カリフォルニア大学歯学部歯周病科主任教授のHoma Zadeh先生から伝授されたVISTAテクニックについて、模型デモも含めてご説明させて頂きました。

講演後は質問の嵐で、この術式に対する関心の高さに驚きました。審美領域におけるインプラント治療において有益なこの素晴らしい術式は、難易度は高いですが、治療のオプションとして常備しておくことはリスクマネージメントの意味でも重要だと考えています。今後はもっと普及していくことでしょう。

講演の他に、今年も広報委員会の役員として『PRESS」のワッペンしてカメラ片手に『カメラマンに転職したので宜しくお願いしまーす!」とジョークを言いながら会場をウロウロしておりました。また学会終了後の総会(学会の会長や執行役員が集まっての予算報告や審議事項決定の重要な会議)では今年も副議長に選任され、何とか責務を果たして参りました。

国際口腔インプラント学会の理事会とも日程が重なり、何かとバタバタと忙しい週末でしたが、どうにか無事にこなすことができました(汗。。)素晴らしい講義をたくさん聴講しとても勉強になったとともに、恩師の先生や同期の仲間とも久々に再会できて、多くの刺激とパワーを貰いました。南カリフォルニア大学のマーチャック先生やザデ先生からせっかくご指導頂いた素晴らしい知識と技術を、今後も益々自分の臨床に生かして行けるよう、さらに頑張りたいと思います。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
         
6