インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

具志堅さん@笑っていいとも
先日、具志堅用高さんが「笑っていいとも」のテレフォンショッキングのコーナーにご出演されました。最近テレビでお見かけしない日がないくらい連日のテレビ出演で超ご多忙ですが、大人から子供まで愛されるキャラクターで大人気!本当に素晴らしいと思います。なぜかトムクルーズさんからの流れでのご出演でしたが、いつもながら(というか、普段と変わらない;笑)大変おもしろいトークで今回もたっぷり楽しませていただきました(もちろん録画で拝見しました)



ちょうど収録前日に治療でお見えになっておりましたので、ご出演のお話を伺い、お祝いのお花を出させていただきました。



予想どおりお祝いのお花が多すぎてあまり目立ちませんでしたが(笑)具志堅さんには大変喜んで頂きました。今後の益々のご活躍とご健勝を「ちょっちゅ」お祈りしております!
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
近況報告その3
昨年末から今年にかけて様々なイベントに参加し、素晴らしい方々とお会いする機会に恵まれました。風邪で少々しんどい時期もありましたが、基本的には充実した楽しい時間を過ごしておりました。近況報告としていくつかご紹介させて頂きたいと思います。

 
ハイチ共和国大統領の来日歓迎レセプションにお招き頂きました。写真右が初来日のハイチ共和国のマーテリー大統領閣下。光栄な事にご挨拶させて頂きましたが、とてもフレンドリーで人間味のある優しい方でした。日本とハイチの友好関係の進展と両国の益々の発展を心より祈念いたします。

 
ドミニカ共和国のパーティーにて。写真左は駐日ドミニカ共和国特命全権大使のペドロ・ベルヘス閣下。穏やかで明るく気さくな大使です。写真右はドミニカ公使のミゲル・バラゲール氏。元ドミニカ大統領ホキアン・バラゲール氏を祖父に持つエリート外交官で、良き友人でもあります。この日はみんなで朝までサルサを踊っていました。すごくパワフルな方達です(笑)

 
写真左はベナン共和国のゾマホン大使と、同郷友人の津久居典彦氏。ゾマホンさんはビートたけしさんの付き人として有名でしたが、今では立派な一国の特命全権大使。。。すごいですね! 津久居さん(経営研究所代表/グローバルエステート代表取締役)は明治天皇とゆかりがある名家のご出身で、元フジサンケイグループ代表の小林吉彦氏を大叔父に持つエリート実業家です。写真右の中央はおなじみ「すしざんまい」の木村清社長!大使館のイベントではいつも素晴らしいマグロをごちそうになり感謝しております。

 
とんこつラーメンの草分け「なんでんかんでん」の川原ひろし社長と。川原社長はもともと気さくな方ですが、社長と仲良しの津久居さんのおかげで、いろいろとおもしろい昔話を聞く事ができました。のべ400万人が訪れたという、環七通りに行列を作った伝説の名店は、残念ながら先日閉店してしましましたが、近々移転新規開業予定らしいので、また美味しいラーメンが食べられるのを心待ちにしています。

 
高見盛関と記念撮影。元おニャン子クラブの生稲晃子さんご夫婦が経営する「鉄板焼き佐吉」に、高見盛関はよくお一人で来店しております。一緒にお酒を飲む機会に恵まれ、すっかり仲良しになってしましました。引退はとても残念ですが、今後のご活躍を大いに期待しています。「鉄板焼き佐吉」はリーズナブルなお値段なのに料理もとても美味しいので、普段からよく利用させて頂いております。運が良ければ関取や生稲晃子さんにもお会いできるかも。。お二人ともとても気さくでいい人ですよ!「鉄板焼き佐吉 六本木店」

 
写真左の左側から、俳優の緒形幹太さん(緒形拳さんを父に、緒形直人さんを弟に持つ実力派の名俳優)と津久居典彦社長、俳優の哀川翔さん、自分、「い志井グループ」の石井宏治会長と、「もつやき処 い志井」神楽坂店にて記念撮影。写真右は哀川翔さんと「い志井グループ」3代目の石井宏芳氏。みなさん最高に素晴らしい方々です!
日本一美味しい最高のもつやきを提供している「い志井グループ」は「日本再生酒場」「もつやき処 い志井」など、有名繁盛店を110店舗以上経営する飲食業界の雄として知られています。都内の一流といわれるステーキレストランや鉄板焼きの名店にもいろいろ行きましたが、私個人的には同等かそれ以上のお肉料理が味わえるお店だと思っています。鮮度の高い質の良い材料、丁寧な仕込み、そしてなにより絶妙な火の入れ加減で、これほどまでにお肉が美味しくなるのか!という事を教えて頂いた特別なお店です。哀川翔さんなど有名人も通う名店です。新宿、調布、丸の内などにもあり、どこも美味しく接客も素晴らしいので、超おすすめです!「もつやき処 い志井神楽坂店」「い志井グループ」「日本再生酒場」「新宿三丁目ホルモン横町」

 
キューバ大使ご夫妻、キューバ大使次席ご夫妻、ウルグアイ大使ご夫妻、バーレーン大使ご夫妻、パプアニューギニア大使ご夫妻らと共に「株式会社ジェイ・エス・ビー」の岡 正人会長のお招きにより「節分お化けの会」のイベントに参加するため京都を訪れました。
写真左の左側から、駐日ウルグアイ東方共和国特命全権大使エドウアルド・ブズー閣下とウルグアイ大使夫人、キューバ大使夫人、自分、駐日キューバ共和国特命全権大使マルコス・ロドリゲス・コスタ閣下。皆さんほんとフレンドリーで素敵な方々です。
まずは京都吉田神社(写真右)に参拝し「お嫁サンバ」でおなじみの超大物歌手と大使ご夫妻に挟まれてVIP待遇で祈祷して頂きました。何だかとてもご利益ありそうで、本当にありがたいことでございます。

 
「節分お化けの会」とは節分に京都の芸舞妓さんが扮装してお座敷を回って歩く伝統行事らしいです。一緒に招かれた大使や著名人、財界人の方々と、和風フレンチの名店や超一流料亭でこのユニークな行事を楽しんで参りました。写真左は大使らと「南南東」を向きながら「ひたすら無言で」恵方巻きを食べるの図です(笑)写真右は「京都一力亭」でのお座敷芸鑑賞。。。とても貴重な体験をさせて頂きました。岡会長のご厚意と素晴らしいおもてなしに心から深く御礼申し上げます。


 
具志堅用高氏のボクシングジムの祝賀会にて。写真左の左からWBA女子世界Sフライ級チャンピオンの山口直子選手と元OPBF女子Sフライ級チャンピオンのつのだのりこ選手。写真右は具志堅用高氏と、期待のホープ(未来のチャンピオン)江藤3兄弟の2人と記念撮影。普段一緒にジムで練習している同志達です。今後の活躍を期待しています!
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
関連出版物のご案内
インプラントの専門誌「クインテッセンス デンタル・インプラントロジー」の11月号に論文が掲載されておりますので謹んでご紹介させて頂きます。



「インプラント審美」というコーナーで「上顎前歯部欠損への前庭切開骨膜下トンネルアクセス法(VISTA)を用いた低侵襲インプラント治療」というタイトルで8ページに渡り掲載され、名前入りで雑誌の表紙にもなっております。恐縮です。。

掲載内容は、今年1月にロサンゼルスで開催された南カリフォルニア大学主催の国際インプラントシンポジウム 37th Annual USC International Periodontal and Implant Symposium にて、私が講演発表させて頂いた症例(世界的なマスターセラミスト林直樹先生とコラボさせて頂いた審美インプラントケース)をもとに執筆させて頂きました。

ただし、今回はインプラントロジー編集長さまより直接の執筆依頼を拝受し、主に外科手技にスポットを当てるようご指示がありましたので、恩師・南カリフォルニア大学歯周病科主任教授のProf.Homa Zadeh先生より伝授されたVISTA法(Vestibular Incision Subperiosteal Tunnel Access: 前庭切開骨膜下トンネルアクセス法)という特殊な低侵襲の外科手技をメインに、そのコンセプトや術式についてご紹介させて頂いております。

同時に診査/診断の重要性やその方法、最終補綴処置までの一連の流れについても症例供覧させて頂いております。執筆に際してご協力頂いた林直樹先生、ザデ教授、編集長の山形様はじめ、関係者各位に深く御礼申し上げます。

歯科関係者の方々にはぜひともご購入いただき、ご意見を賜る事ができましたら幸いで御座います。何卒宜しくお願い申し上げます。

http://www.quint-j.co.jp/shigakusyocom/html/products/detail.php?product_id=2388


もう一つ、今度は一般の方向けの書籍です。



私はまだまだ名歯科医と呼ばれるにはほど遠いので恐縮なのですが、せっかく執筆依頼を頂きましたので、インプラントの項目内の「即時荷重インプラント」について書かせていただきました。

私以外の先生は業界内でも有名で著名な先生が多く、一般の方々が疑問に思う歯科に関するあらゆる悩みに対して詳しくご回答されているので、とてもためになる良い本だと思います。

ぜひご購入して、いろいろとご参考にされると宜しいかと思います。おすすめです!
↓(アマゾンサイト)
http://www.amazon.co.jp/みんなが聞きたかった歯の疑問に名歯科医が答えます/dp/4883574679/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1355147554&sr=8-1
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
韓国メディア紹介
韓国で最大のインターネット新聞『 BreakNews 』のトップページに紹介記事が掲載されました。



韓国では日本よりもネットで新聞を購読する習慣が強いらしく、韓国最大のメディアとして最も影響力あるインターネット新聞のトップ記事に人物紹介を掲載して頂いた事になります。とても栄誉なことです。

記事を書いて下さいましたJulietさんは、韓国のベストセラー作家であり、韓国人気テレビのコメンテーターもされていた、韓国では知らない人がいないほどの超セレブな有名人です。現在は日本在住で、韓国ブレイクニュースの日本特派員も兼任しながら、ソフトバンク孫会長やマルハングループの韓会長の直接取材を通して、独自の鋭い視点から執筆した素晴らしい書籍を出版されたりと、日韓両国でご活躍されている、ボストン大学卒のスーパーエリート才女です。

記事内容は、僕のことを日本のインプラント分野で最高の歯科医としてご紹介いただき、その人物紹介や仕事ぶりについて記述されていますが(頂戴した和訳にはそのように書かれておりました)、恐れ多くもかなり過分にご評価いただきまして、その他の記載内容についてはこれ以上自分で書くのは少々お恥ずかしいので(笑)ハングルの読める方はぜひ下記サイトまでアクセスいただき、お読みいただければと思います。。。

http://breaknews.com/sub_read.html?uid=236856&section=sc7&section2=국제일반

今回の掲載では、あまりに突然の出来事でかなりびっくりしているのが正直なところですが、誠にもってありがたいことであり、またとても光栄なことですので、Julietさんには心より感謝する次第でございます。

この記事の内容に負けないよう、患者様に最高のインプラント治療と最良の歯科医療サービスをご提供できますよう、まじめに、そして地道にコツコツと、日々精進していこうと考えております。

今月はJAID総会学術大会(企画運営担当)やコロンビア大学インプラントコース(ICOI国際口腔インプラント学会指導医育成コース兼)、そして国際口腔インプラント学会の認定医資格更新セミナーなど毎週末の勉強会が続きますが、気合いを入れて頑張りたいと思います。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
パナマ共和国大統領来日レセプション
パナマ共和国大統領 リカルド・マルティネリ・ベロカル閣下の来日を記念し、帝国ホテルにて盛大なレセプションが行われ、パナマ大使よりご招待を賜り出席して参りました。

 

パナマ運河(太平洋と大西洋をつなぐ船舶の重要な水路)で知られるパナマ共和国は、中米諸国の中では最も経済的に発展を遂げた国と言われ、様々な人種や文化が融合したとても魅力的なカリブの国です。実は日本との関係も深く、日本はパナマ運河の世界第4位の利用国であるともに、日本の船舶の約7割がパナマ船籍(便宜置籍船登録)であることから、経済的に密接な関係を有しているそうです。公用語はスペイン語です。

  
駐日パナマ共和国特命全権大使 ホルヘ・コスマス・シファキ閣下より開会の辞が述べられ、日本貿易振興機構石毛理事長の歓迎の辞に続き、吉良外務副大臣など閣僚からの祝辞、パナマ共和国が震災復興支援を行ったことに対して相馬市長からの謝辞が述べられました。震災直後から各国大使が集結し、いち早く被災地を訪問し、物的、金銭的に多大な援助支援を行ったことは、あまり知られていない純然たる事実です。心より感謝しております。

 
パナマ共和国大統領  リカルド・マルティネリ・ベロカル閣下のユーモア溢れるスピーチ。現在パナマでは、日本のモノレール建設が検討されているそうですが「モノレールはディズニーだけの乗り物だと思っていましたが、日本に来てそうではないことを知りました」とコメントし、会場を沸かせていました。自国の紹介から今後の日本とのビジネスの展望まで、分かりやすく内容のあるお話を拝聴いたしました。本国でもとても尊敬されている偉大な大統領だと言う事です。まさに納得です。
日本にもこんな素晴らしい指導者がいたらいいのに。。。と思わず言ってしまう今日この頃です。

 
マルティネリ大統領と記念撮影(写真左)普段からとても気さくなお人柄とのことで、撮影の際も肩を組んでフレンドリーに写真撮影に応じて頂きました。恐縮です(汗。。)

写真右はコスマス大使と記念の一枚。光栄なことに歯の治療を担当させて頂いている他に、プライベートでも親しくさせて頂いております。まるで偉ぶったところがなく、いつも謙虚でフレンドリーで、そして極めてクレバーで、本当に素晴らしいお方です。まだとてもお若いのにカリブを代表する国の特命全権大使を勤められているのは本当に凄いことだと思います。そして奥様は超美人です。さすがの一言です。

今回は素晴らしいレセプションにお招き頂きありがとうございました。いつも仲良く接してくれるパナマ大使館の美人スタッフ(通称パナマガールズ)の皆様にも感謝申し上げます。

日本とパナマの、今後益々の交流と両国の発展を祈念しております。Muchas Gracias!!
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
         
7