インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

ICOI国際インプラント学会@フロリダ
世界最大のインプラント教育機関であるICOI国際インプラント学会の世界大会が、米国フロリダ州オーランドにて盛大に開催されました。会場はMarriott Hotelに併設されたコングレスセンターで、世界中から2000人以上の歯科関係者が訪れました。今回は学会参加の他に、学会創立40周年記念パーティー、ICOI学会のアジア・パシフィック・セクションの役員会、コロンビア大学主催のICOI Diplomate Course(国際インプラント学会・インプラント指導医養成コース)があり、多忙な毎日を過ごしておりました。

 
フロリダ上空の青い空とオーランドの空港。外は温暖な気候なのに、建物の内部はクーラー効きすぎて、まるで真冬のようでした(笑)

 
学会会場での記念撮影。メイン会場はとても広かったです。そしてここもまた寒い・・・

 
Diplomate(指導医)取得のための英文筆記試験が行われ、無事に合格いたしました!
写真左はICOI会長のDr.Judyと前理事長のDr.Paltiによるオープニングでの挨拶風景。右の写真は、世界で初めて人体にインプラントを施術した生きる伝説 Dr.Linkowとの記念撮影。講義では私が生まれる前に行われたインプラント症例など、インプラントの歴史について深く学びました。とても貴重な体験でした。


  
ICOI学会創立40周年記念パーティーにて。タキシードに着替えていざ出陣です。全世界から役員クラスのみ300名限定で招待されました。参加できてとても光栄です。写真右は盛り上がった勢いでの記念撮影。左から東京医科歯科大インプラント科の春日井昇平教授、ICOI前理事長Dr.Ady Palti、ICOI本部理事で世界的に著名なインプラントロジストDr.Scott Ganz。 とても楽しい会でした。料理も美味しかったです!

今回の学会では、忙しい合間にプライベートプールで日光浴をしたり、学会終了後にホテル併設のコースでゴルフしたり(日が長いので可能でした)、有意義な時間を過ごせました。3年ぶりのゴルフはひどいもんでしたが(笑)初フロリダをそれなりに満喫し、とても良い気分転換にもなりました。

無痛麻酔の新兵器(日本未発売。詳細は秘密です。お楽しみに!)も購入したので、気分も新たに日々の臨床を頑張りたいと思います!
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
歯の保険(インプラント治療にも対応)
先日、知人より「歯の保険」に関する情報提供がありました。
この保険は虫歯の治療費だけでなく、インプラント治療にも対応しているそうです。
もちろん、治療費が全額カバーされる訳ではないのですが、欧米で見られるような民間レベルでの保険制度がやっと日本でもスタートするみたいで、患者様にとっては有益な事だと考えています。

詳細は以下のサイトごご覧下さいませ。

http://news.mynavi.jp/news/2012/09/26/061/

投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
近況報告(後編)
近況報告と題して、研修会や学会以外の活動の一部をご紹介させて頂きたいと思います。

 
写真はエジプトアラブ共和国のNational Dayの記念式典に参加した際のものです。
例年は代官山のエジプト大使公邸で行われているのですが、「ツタンカーメン展」開催のためエジプトから珠玉の黄金秘宝が来日している関係もあり、今回は上野の森美術館にて盛大に開催されました。各国大使や関係著名人、政財界からも多くの参列者があり、福田元総理や各党代表など知っているお顔や、三笠宮妃殿下もおいでになり、とても華やかなレセプションが行われました(写真左)。
大使や来賓のご挨拶の後は、オープン前夜の「ツタンカーメン展」を貸し切りでゆったりと鑑賞させていただきました。「ツタンカーメンの黄金のカノプス」「黄金の人形棺」など、おそらくもう2度と日本には来ないと言われている世界的歴史遺産の数々を間近に見れて、本当に有意義かつ貴重な時間を過ごす事ができました。

お招き頂きましたヒシャム・エルゼメイティー駐日エジプトアラブ共和国特命全権大使(写真右)とエジプト大使館の皆様に深く御礼申し上げるとともに、日本とエジプトの友好150周年の記念すべき本年が両国にとって素晴らしいものになるよう心から願う次第です。
*大阪開催で90万人以上を動員した「ツタンカーメン展」 本当に素晴らしいのでおすすめです!


 
外交官の集いでの風景です。以前にもブログでご紹介しましたが、東京在住の若手外交官を中心に親交と情報交換を目的とした集まり(Young Diplomats inTokyo) がほぼ毎月開催されており、関連イベントも含め出来るだけ参加するようにしています。昨年まではリッツカールトンのラウンジでしたが、現在はAudi Forum Tokyoに会場を移して、Audi の高級車に囲まれながらの開催となっております(写真左)

若手外交官といってもすでに大使や領事クラスも多数おり、毎回素晴らしい方々とざっくばらんにお話できる貴重な機会です。基本は外交官のみのクローズな会ですが、光栄な事に毎回ご招待を賜り参加させて頂いております。こちらから営業活動は一切していないのですが、やはり異国の地で歯のトラブルで困っている友人も多く、たまには歯のお助けマンになったりしてます(笑)あたりまえですが歯の悩みは全世界共通です。(写真右)は友人のミゲルさん達との記念撮影です。いつも楽しい時間をありがとうございます!


 
(写真左)ビルボードライブトーキョー(東京ミッドタウン)にて、キューバ大使館主催のイベント(キューバ映画と音楽の祭典)がありご招待を賜りました。「7days in Havana」というキューバのリアルなライフスタイルを描いた興味深い映画を観賞後、日本でも活躍しているキューバのスーパーミュージシャン・アレキサンダーさん率いるキューバンバンドの素晴らしい演奏に酔いしれた最高の一夜でした。(写真右)はキューバ大使ご夫妻との記念撮影。お招きいただき感謝です!

 
キューバ大使ご夫妻の送別会にて。人材派遣のリーディングカンパニー・パソナグループの南部靖之代表の主催で、パソナのゲストハウス(写真)にて厳かに開催されました。政財界や一流企業のトップ、徳川家、島津家、前田家、大久保家など旧華族のご臨席もあり、大使のお別れに相応しい、とても素晴らしいFarewell Partyでした。

 
キューバ大使ご夫妻と南部靖之氏(写真左)南部氏は、ソフトバンク孫正義氏とエイチ・アイ・エスの澤田秀雄氏とともに『ベンチャー三銃士』と称される、日本を代表する経営者として広く知られている人物です。とても明るく気さくで、本当に素晴らしい方でした。このような素晴らしい会にお招き頂き心から感謝しております。

大使ご夫妻はもうすぐ任期を終えてご帰国のご予定です。こんなに素晴らしい方は他にはいなのではと思えるくらい、優しくてフレンドリーで、思いやりがあって。。。心から尊敬していた方々でしたので、お別れが本当に残念でなりません。。。

これまでのご厚情に深く感謝しつつ、本国に戻られてもご健康でお過ごしになられますよう心より願っております。Muchas Gracias!


 
パプアニューギニア大使よりご招待を賜り、パプアニューギニアNational Dayの記念式典に参加して参りました。ホテルニューオータニの一番広い会場を貸し切りにしての盛大なパーティーでした(写真左)

パプアニューギニア独立国は、太平洋島嶼国で最大の国家であり、原油や金・銀・ニッケル、液化天然ガスなどの天然資源が豊富なことから、今後益々の経済発展が見込まれてます。日本企業との関係も深く、政財界から多くの参列者がありました。

(写真右)はパプアニューギニア独立国 ガブリエル・ドウサバ特命全権大使と友人の津久居ご夫妻との記念写真です。首相も歴任されたガブリエル大使はとてもフレンドリーで優しく、大変素晴らしいお方です。虫歯一つ無い大使の口腔内は、幼少期の食生活(軟らかい現代食ではありません)に起因しており、食育の大切さをあらためて教わった次第です。

この度はお招きいただきありがとうございました。しっかりと歯のメンテナンスを行うことで恩返しをさせて頂きたいと思います。今後とも宜しくお願い申し上げます。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
近況報告(前編)
ここのところ週末は学会や研修会参加が続き、医院を不在にする事が多かったため、患者様には大変ご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。先日のブログでもお伝えしましたが、日本顎咬合学会から始まり、コロンビア大学インプラントコース、国際インプラント学会ベトナム大会、南カリフォルニア大学Dr.Zadeh講演会&ハンズオン研修会、国際インプラント学会日本大会など、国内外での歯科イベントが目白押しでした。これも自身の歯科技術向上と勉強のためと、何卒ご理解頂けましたら幸いでございます。学会以外の普段の平日も様々な会合やお呼ばれが多いため、すっとお休みなく多忙な毎日を過ごしておりますが、おかげさまで健康に恵まれ、充実した楽しい日々を送らせて頂いております。そんな毎日ですが、いろいろと素晴らしい方々とお会いする機会に恵まれましたので、この場を借りてご報告させて頂きたいと思います。

 
今年1月のロサンゼルスでの国際シンポジウム発表でお世話になった南カリフォルニア大学のザデ教授(写真左)による、豚の顎骨を用いたハンズオンコースでの外科実習風景(写真右)この後は各自で豚の歯肉を切ったり縫ったり、実際にインプラントを埋入したり。。このようなトレーニングをたくさん積んで、実際の手術に臨んでいます。それにしてもザデ教授はいつも明るく気さくです(笑)

 
(写真左)はUSCザデ教授の特別講演風景。この後場所を香港マカオに移して、USC教授陣と台湾インプラント学会会長を交えてのクローズなプライベートインプラントセミナーが行われました。(写真右)は、東京医科歯科大での国際インプラント学会日本大会、UCLA小川隆広教授と鈴木仙一先生による「光機能化インプラント」の講演風景。その後の懇親会では小川教授と剣道話で盛り上がりました。教授は学生時代は全日本トップクラスの剣豪で、今は世界トップクラスの研究者。何事も極める才能の凄さとその成功の秘訣を拝聴し、僕も頑張らねばととても良い刺激を頂きました。感謝です!

 
お世話になっている歯科技工所リックグローバルリンクの高岡社長のお招きで、後藤田正純代議士とお会いしました(写真左)代議士はとても気さくで感じの良い人でした。(写真右)は三原じゅん子 参議院議員と再会を祝しての記念撮影です。実は共通の友人(渡嘉敷勝男さん)を介して以前からの知り合いでしたので、久々の再会で盛り上がりました。僕は現在、支持している政党はありませんが、後藤田さんと三原さんは応援します。日本再生のためぜひ頑張ってほしいです!

 
普段から親しくさせて頂いている友人のキューバ大使館次席(No.2)のアンドレスさんの誕生会がバーレーン大使公邸にて盛大に開催されました。(写真左)の右からバーレーン大使、キューバ大使次席夫人、バーレーン大使夫人、自分、アンドレスさん。猪木さんから頂いた赤い闘魂マフラーが似合っています!会場には本物のアントニオ猪木さん(写真右)をはじめ、有名企業社長や政財界からも多数の参列の中、ピアノとギターの生演奏もあり、とてもにぎやかで楽しい誕生会でした。お招き頂きました主催者のバーレーン大使に感謝申し上げます。

 
(写真左)の赤い服を着た中央の女性はキューバ革命の英雄チェ・ゲバラさんの娘で医師のアレイダ・ゲバラさんです。アンドレスさんの計らいで帰国前にお昼をご一緒させて頂きました。穏やかで笑顔がとてもキュートな素敵な方でした。今度日本に来た時には歯の治療をお願いね!と言って頂きました。とても光栄な事です。(写真右)は外国特派員記者クラブで行われたキューバの有名なトリオミュージシャンの演奏会での記念撮影。皆さんフレンドリーで本当に素晴らしい方々です。左の女性(ボーカル)は本国では歯科医師のお仕事もしているそうです。なんとも多才ですね!

 
 (写真左)はメキシコ大使公邸での文化イベント風景。他国の文化を理解することはとても重要と考えており、このようなイベントには時間の許す限り参加するようにしています。メキシコと日本の国交は400年になるそうです。 (写真右)は駐日アジア大使夫人会チャリティーイベント参加時に、ネパール大使と友人の津久居氏と記念撮影。他にもいろいろなアジアの大使ご夫妻にお会いしました。様々な国の文化に接することができるとても有意義な時間でした。

後編はまたあらためてご報告いたします!
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
ICOI国際インプラント学会@ベトナム
ICOI国際インプラント学会のAsia-Pacific section Congressがベトナム・ホーチミンのインターコンチネンタルAsiana Saigon Hotelにて盛大に開催されました。今回はインプラントの勉強の他に役員任命式出席の用事もあり、診療をお休みさせていただき遥々ベトナムを訪れました。

 
今回宿泊したIntercontinental Hotel 最上階の Presidential Suite Roomにて

決して見栄を張った訳ではなく、実は単なるブッキングミスだったのですが(笑)まあこれも良い機会と思い宿泊してみました。さすがこのホテルで宿泊費が一番高い特別スイートルームだけあって、部屋が大小8つもあり、ジャグジー風呂もついて至れり尽くせりの贅沢なお部屋でしたが、ひとりで滞在するには少々広すぎるお部屋でした。(もちろん、翌日から普通のお部屋に変えて貰いました)せっかくなのでお写真でご紹介など。。。

 
ジャグジー付きのお風呂。眺めは最高です。絵などの調度品も最高のものでした。

 
写真で見るより実際は広いお部屋です。深夜到着で早朝から学会だったので、数時間の滞在でした。いつかはのんびりプライベートで訪れたいものです。(でもいつになることやら。。)

早速、翌早朝から学会会場へ。先日研修会でお世話になったコロンビア大学のデニス・ターナー教授やロマリンダ大学のジョセフ・カン教授、ICOI前会長のAdy Palty教授、台湾インプラント界の重鎮、リン先生など世界中から著名な歯科医が集まり、インプラントについて熱い講演が行われました。日本からも多くの参加者があり、東京医科歯科大学の春日井教授、日本顎咬合学会理事長の渡辺隆史先生、日本顎咬合学会副理事長の林揚春先生、ICOI日本代表の鈴木仙一先生など、普段からお世話になっている先生方もご発表されていたので、しっかりと拝聴させていだきました。

 
日本顎咬合学会理事長・渡辺隆史先生のご講演。レベルの高い大変素晴らしい発表内容でした。日本の先生方の臨床は今や世界のトップと比較しても遜色ないレベルだとあらためて実感しました。鈴木仙一先生の「光機能化によるスーパーオッセオインテグレーション」の発表は世界に先駆けての内容でしたので、大変な驚きと賞賛を得ました。日本が世界を凌駕する日は近いと思います。

 
そしてもう一つの目的である役員任命式。今回はAsia-Pacific section のJapan Local Area Directorに任命されました。前回のArea Assintant Directorからの昇格になりますが、しっかりと任務を全うし、安全で良質なインプラント治療の普及に努めたいと思います。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
         
8