インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

関連出版物のご案内
インプラントの専門誌「クインテッセンス デンタル・インプラントロジー」の11月号に論文が掲載されておりますので謹んでご紹介させて頂きます。



「インプラント審美」というコーナーで「上顎前歯部欠損への前庭切開骨膜下トンネルアクセス法(VISTA)を用いた低侵襲インプラント治療」というタイトルで8ページに渡り掲載され、名前入りで雑誌の表紙にもなっております。恐縮です。。

掲載内容は、今年1月にロサンゼルスで開催された南カリフォルニア大学主催の国際インプラントシンポジウム 37th Annual USC International Periodontal and Implant Symposium にて、私が講演発表させて頂いた症例(世界的なマスターセラミスト林直樹先生とコラボさせて頂いた審美インプラントケース)をもとに執筆させて頂きました。

ただし、今回はインプラントロジー編集長さまより直接の執筆依頼を拝受し、主に外科手技にスポットを当てるようご指示がありましたので、恩師・南カリフォルニア大学歯周病科主任教授のProf.Homa Zadeh先生より伝授されたVISTA法(Vestibular Incision Subperiosteal Tunnel Access: 前庭切開骨膜下トンネルアクセス法)という特殊な低侵襲の外科手技をメインに、そのコンセプトや術式についてご紹介させて頂いております。

同時に診査/診断の重要性やその方法、最終補綴処置までの一連の流れについても症例供覧させて頂いております。執筆に際してご協力頂いた林直樹先生、ザデ教授、編集長の山形様はじめ、関係者各位に深く御礼申し上げます。

歯科関係者の方々にはぜひともご購入いただき、ご意見を賜る事ができましたら幸いで御座います。何卒宜しくお願い申し上げます。

http://www.quint-j.co.jp/shigakusyocom/html/products/detail.php?product_id=2388


もう一つ、今度は一般の方向けの書籍です。



私はまだまだ名歯科医と呼ばれるにはほど遠いので恐縮なのですが、せっかく執筆依頼を頂きましたので、インプラントの項目内の「即時荷重インプラント」について書かせていただきました。

私以外の先生は業界内でも有名で著名な先生が多く、一般の方々が疑問に思う歯科に関するあらゆる悩みに対して詳しくご回答されているので、とてもためになる良い本だと思います。

ぜひご購入して、いろいろとご参考にされると宜しいかと思います。おすすめです!
↓(アマゾンサイト)
http://www.amazon.co.jp/みんなが聞きたかった歯の疑問に名歯科医が答えます/dp/4883574679/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1355147554&sr=8-1
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
韓国メディア紹介
韓国で最大のインターネット新聞『 BreakNews 』のトップページに紹介記事が掲載されました。



韓国では日本よりもネットで新聞を購読する習慣が強いらしく、韓国最大のメディアとして最も影響力あるインターネット新聞のトップ記事に人物紹介を掲載して頂いた事になります。とても栄誉なことです。

記事を書いて下さいましたJulietさんは、韓国のベストセラー作家であり、韓国人気テレビのコメンテーターもされていた、韓国では知らない人がいないほどの超セレブな有名人です。現在は日本在住で、韓国ブレイクニュースの日本特派員も兼任しながら、ソフトバンク孫会長やマルハングループの韓会長の直接取材を通して、独自の鋭い視点から執筆した素晴らしい書籍を出版されたりと、日韓両国でご活躍されている、ボストン大学卒のスーパーエリート才女です。

記事内容は、僕のことを日本のインプラント分野で最高の歯科医としてご紹介いただき、その人物紹介や仕事ぶりについて記述されていますが(頂戴した和訳にはそのように書かれておりました)、恐れ多くもかなり過分にご評価いただきまして、その他の記載内容についてはこれ以上自分で書くのは少々お恥ずかしいので(笑)ハングルの読める方はぜひ下記サイトまでアクセスいただき、お読みいただければと思います。。。

http://breaknews.com/sub_read.html?uid=236856&section=sc7&section2=국제일반

今回の掲載では、あまりに突然の出来事でかなりびっくりしているのが正直なところですが、誠にもってありがたいことであり、またとても光栄なことですので、Julietさんには心より感謝する次第でございます。

この記事の内容に負けないよう、患者様に最高のインプラント治療と最良の歯科医療サービスをご提供できますよう、まじめに、そして地道にコツコツと、日々精進していこうと考えております。

今月はJAID総会学術大会(企画運営担当)やコロンビア大学インプラントコース(ICOI国際口腔インプラント学会指導医育成コース兼)、そして国際口腔インプラント学会の認定医資格更新セミナーなど毎週末の勉強会が続きますが、気合いを入れて頑張りたいと思います。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
パナマ共和国大統領来日レセプション
パナマ共和国大統領 リカルド・マルティネリ・ベロカル閣下の来日を記念し、帝国ホテルにて盛大なレセプションが行われ、パナマ大使よりご招待を賜り出席して参りました。

 

パナマ運河(太平洋と大西洋をつなぐ船舶の重要な水路)で知られるパナマ共和国は、中米諸国の中では最も経済的に発展を遂げた国と言われ、様々な人種や文化が融合したとても魅力的なカリブの国です。実は日本との関係も深く、日本はパナマ運河の世界第4位の利用国であるともに、日本の船舶の約7割がパナマ船籍(便宜置籍船登録)であることから、経済的に密接な関係を有しているそうです。公用語はスペイン語です。

  
駐日パナマ共和国特命全権大使 ホルヘ・コスマス・シファキ閣下より開会の辞が述べられ、日本貿易振興機構石毛理事長の歓迎の辞に続き、吉良外務副大臣など閣僚からの祝辞、パナマ共和国が震災復興支援を行ったことに対して相馬市長からの謝辞が述べられました。震災直後から各国大使が集結し、いち早く被災地を訪問し、物的、金銭的に多大な援助支援を行ったことは、あまり知られていない純然たる事実です。心より感謝しております。

 
パナマ共和国大統領  リカルド・マルティネリ・ベロカル閣下のユーモア溢れるスピーチ。現在パナマでは、日本のモノレール建設が検討されているそうですが「モノレールはディズニーだけの乗り物だと思っていましたが、日本に来てそうではないことを知りました」とコメントし、会場を沸かせていました。自国の紹介から今後の日本とのビジネスの展望まで、分かりやすく内容のあるお話を拝聴いたしました。本国でもとても尊敬されている偉大な大統領だと言う事です。まさに納得です。
日本にもこんな素晴らしい指導者がいたらいいのに。。。と思わず言ってしまう今日この頃です。

 
マルティネリ大統領と記念撮影(写真左)普段からとても気さくなお人柄とのことで、撮影の際も肩を組んでフレンドリーに写真撮影に応じて頂きました。恐縮です(汗。。)

写真右はコスマス大使と記念の一枚。光栄なことに歯の治療を担当させて頂いている他に、プライベートでも親しくさせて頂いております。まるで偉ぶったところがなく、いつも謙虚でフレンドリーで、そして極めてクレバーで、本当に素晴らしいお方です。まだとてもお若いのにカリブを代表する国の特命全権大使を勤められているのは本当に凄いことだと思います。そして奥様は超美人です。さすがの一言です。

今回は素晴らしいレセプションにお招き頂きありがとうございました。いつも仲良く接してくれるパナマ大使館の美人スタッフ(通称パナマガールズ)の皆様にも感謝申し上げます。

日本とパナマの、今後益々の交流と両国の発展を祈念しております。Muchas Gracias!!
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
ICOI国際インプラント学会@フロリダ
世界最大のインプラント教育機関であるICOI国際インプラント学会の世界大会が、米国フロリダ州オーランドにて盛大に開催されました。会場はMarriott Hotelに併設されたコングレスセンターで、世界中から2000人以上の歯科関係者が訪れました。今回は学会参加の他に、学会創立40周年記念パーティー、ICOI学会のアジア・パシフィック・セクションの役員会、コロンビア大学主催のICOI Diplomate Course(国際インプラント学会・インプラント指導医養成コース)があり、多忙な毎日を過ごしておりました。

 
フロリダ上空の青い空とオーランドの空港。外は温暖な気候なのに、建物の内部はクーラー効きすぎて、まるで真冬のようでした(笑)

 
学会会場での記念撮影。メイン会場はとても広かったです。そしてここもまた寒い・・・

 
Diplomate(指導医)取得のための英文筆記試験が行われ、無事に合格いたしました!
写真左はICOI会長のDr.Judyと前理事長のDr.Paltiによるオープニングでの挨拶風景。右の写真は、世界で初めて人体にインプラントを施術した生きる伝説 Dr.Linkowとの記念撮影。講義では私が生まれる前に行われたインプラント症例など、インプラントの歴史について深く学びました。とても貴重な体験でした。


  
ICOI学会創立40周年記念パーティーにて。タキシードに着替えていざ出陣です。全世界から役員クラスのみ300名限定で招待されました。参加できてとても光栄です。写真右は盛り上がった勢いでの記念撮影。左から東京医科歯科大インプラント科の春日井昇平教授、ICOI前理事長Dr.Ady Palti、ICOI本部理事で世界的に著名なインプラントロジストDr.Scott Ganz。 とても楽しい会でした。料理も美味しかったです!

今回の学会では、忙しい合間にプライベートプールで日光浴をしたり、学会終了後にホテル併設のコースでゴルフしたり(日が長いので可能でした)、有意義な時間を過ごせました。3年ぶりのゴルフはひどいもんでしたが(笑)初フロリダをそれなりに満喫し、とても良い気分転換にもなりました。

無痛麻酔の新兵器(日本未発売。詳細は秘密です。お楽しみに!)も購入したので、気分も新たに日々の臨床を頑張りたいと思います!
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
歯の保険(インプラント治療にも対応)
先日、知人より「歯の保険」に関する情報提供がありました。
この保険は虫歯の治療費だけでなく、インプラント治療にも対応しているそうです。
もちろん、治療費が全額カバーされる訳ではないのですが、欧米で見られるような民間レベルでの保険制度がやっと日本でもスタートするみたいで、患者様にとっては有益な事だと考えています。

詳細は以下のサイトごご覧下さいませ。

http://news.mynavi.jp/news/2012/09/26/061/

投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
         
8