インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>インプラントについて

| インプラントによる治療 |

従来の治療法とインプラントの治療法について
この形のブリッジでは、周りの健康な歯を大きく削る必要があります。
インプラントでは、両脇の健康な歯をそのままで、負担も一切かかりません。
 
奥歯を固定するために、金属の支えを使用するケースです。違和感があり、清掃も難しく、見栄えも悪いです。
インプラントでは、失われた歯根部分の骨を支えにして人工の歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。
 
総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力自体が弱く、ぐらぐらしたり、ずれたりします。そのため、食べ物を噛むために充分な力をかけることが困難です。
インプラントだと、義歯はあごの骨に固定され、力を入れて噛むことが可能です。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取りもどすことができます。
 
さらに詳しいインプラント治療の説明は、ノーベルバイオケア社のサイトをどうぞご参照下さい。
 
オールオンフォー
 
インプラントによる治療 インプラントへの取り組み インプラントQ&A インプラントQ&A インプラントQ&A オールオンフォー
問い合わせ