インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>インプラントについて

| インプラントによる治療 |

インプラント(人工歯根)による治療
歯は、目で見える部分と、それを支える根(歯根)から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている根(歯根)も同時に失ってしまうということです。
失われた根(歯根)の部分に人体親和性が高いチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとするのが、インプラント(人工歯根)療法です。
歯を1本失った場合、両隣の健康な歯を削って人工の歯を被せる治療法をブリッジいいます。奥に歯がない場合、金属製のバネで入れ歯を支えます。
噛むということは、想像以上に強い力を歯と顎にかけています。
ブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は約1.5倍になります。削られた歯は痛みやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。
根(歯根)がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。
また、残っている歯(歯根)が移動してしまうため、ぴったり合わせて作った義歯は次第に合わなくなり、何度も作り直す必用が出てきます。
インプラント療法であれば、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。
あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。
問い合わせ