インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>インプラントについて

| インプラント症例 |

インプラントによる咬合回復と前歯の審美修復ケース
60代男性。奥歯に部分入れ歯を使用しておりましたが、それではほとんど物が噛めないとの事で、インプラント治療を希望でご来院されました。上の奥歯が下に延びてきたり、かみ合わせの崩壊が著しかったので、全体的な治療が必要な症例でした。


 
術前の口腔内とレントゲン写真。

 
術後の口腔内とレントゲン写真。インプラントによる奥歯の咬合回復が行われています。とても歯ぎしり、くいしばりがひどい方なので、一番奥の歯は金属にしてあります。



術後の前歯の状態。右側中切歯(向かって左真ん中の歯)のみセラミッククラウンで、
あとの歯はダイレクトボンディング(GCグラディアダイレクト使用)を行っております。
年齢にマッチングした落ち着いた色調に大変ご満足を頂いております。



右側中切歯PFMセラミッククラウン製作 林 直樹 先生(Ultimate Styles Dental Laboratory)

問い合わせ