インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>インプラントについて

| インプラント症例 |

インプラントによる全顎的な審美と機能の改善例2
50代女性。重度の歯周病の患者様で、全体的なインプラント治療を希望されご来院されました。CT検査の結果、病的に著しく骨密度が低下していることから、複数のインプラントが必要と診断されました。このようなケースの場合、即日に固定性のインプラント義歯を装着するのは危険ですので、まずは保存不可能な歯の抜歯を行い、一定期間待ってからインプラントの埋入を行います。

 
初診時の口腔内の状態とレントゲン写真

 
歯周病と虫歯でお口の中がガタガタで、食事も困難であり、見た目にも決してきれいとは言えない状態でした。

 
インプラント治療後の口元の状態。審美的な改善が達成され、お顔の表情もガラッと素敵に変わりました。インプラントにより、硬いものでも何でも噛めるようになったのは言うまでもありません。

 
インプラント最終義歯装着後の口腔内の状態

 
 インプラント上部構造と術後のレントゲン写真

上顎には左右それぞれ1本づつ余分にインプラントが埋入されています。上顎は骨密度が低いことから、何かあったときに予備として使用できるようにスリープインプラントを入れることはよく行われます。(この場合の予備のインプラント費用は頂いておりません)
インプラントの上部構造はネジ止めなので、修理やメンテナンスの時は医師により取り外しが可能です。

インプラント上部構造製作 RICC GlobalLInk Dental Laboratories
問い合わせ