インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>インプラントについて

| インプラント症例 |

インプラントによる全顎的な審美と機能の改善例1
70代女性。長年にわたり適合の悪い部分義歯をご使用されていましたが、ご家族にインプラント治療を勧められご来院されました。ご高齢で糖尿病や高血圧などの全身疾患もあることから、外科的侵襲の少ないフラップレスサージェリー(歯肉を切開しない術式)を用いて手術を行いました。

 
初診時の口腔内の状態とレントゲン写真

 
 上顎の部分義歯がずれて製作されており、口元が曲がって不自然に見えています。
義歯の適合も合っていないため、何とか痛いのを我慢してお食事されている状態でした。

上顎は予後不良歯を抜歯後にインプラント治療を行いました。下顎は左下の欠損部分、そして歯周病と根の病気で抜歯が必要な下顎の前歯の部分に抜歯即日インプラント(当日にインプラントの仮義歯を装着する術式)を行いました。
(右下の犬歯から奥歯にかけては、セラミック治療を行えば、より審美的な改善が可能でしたが、患者様がご希望されませんでしたので、歯周病の治療のみ行い、被せもの等の治療は行いませんでした)


  
インプラント治療後の状態。口元のゆがみは改善され、噛み合わせも正しく修正されました。
審美的に改善しただけはでなく、全く動かない固定性のインプラント補綴により、お食事が以前よりも格段に美味しくなった事は言うまでもありません。

  
インプラント上部構造はスクリューリテイニング(ネジ止め)方式なので、いつでも術者が取り外すことが可能で修理なども簡単に行えます。ご使用したインプラントの固定性仮義歯も半永久的に当院で保管しておりますので、何か不具合が生じた時はこの仮義歯をご使用いただき、現在のセラミック最終上部構造をお預かりして修理を行います。すなわち修理メンテナンス中も常に歯がある状態ですので、日常生活に支障をきたす事はございません。


 
今回の治療では上顎に8本のインプラント、下顎に5本のインプラントを使用いたしました。

ご高齢で全身疾患もあり著しく骨密度も低かったため、上顎のインプラント手術の際には左右の最後方部にそれぞれ1本づつ予備インプラント(スリープインプラント)を入れています。これは咬合力が非常に強くかかる後方部のインプラントに万が一問題が生じた場合に、再手術を行う事なくリカバリーするための当院側の配慮であり、もちろんこの余分な2本のインプラントについては一切治療費を頂いておりません。患者様のQOLを第一に考えた配慮です。

見た目にも機能的にも大変ご満足いただいております。

インプラント上部構造製作 RICC GlobalLInk Dental Laboratories
問い合わせ