インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>インプラントについて

| インプラント症例 |

奥歯にインプラント治療を行った症例1
60代女性。右下の奥歯を失ってしまい、他院にて部分義歯を製作したが、装着感が悪くあまり使用できなかったとのこと。その後、義歯の針金をかけていた歯が負担荷重で折れてしまい、インプラント治療を希望して紹介来院されました。

 
術前の口腔内の状態とレントゲン写真。欠損部の上顎の奥歯が挺出(下に伸びてきている)しており、噛み合わせの崩壊が進んでいました。

 
術後の口腔内の状態とレントゲン写真。全体的な歯周病の専門治療の終了後にインプラント治療を行いました。挺出した上顎の奥歯もクラウンを被せ直し、噛み合わせのバランス(咬合平面)を整えた後に、審美性と機能性に優れたセラミックのインプラント上部構造(スクリューリテインタイプ)を装着いたしました。

 
術後の口腔内の状態(写真左)と術前の口腔内の状態(写真左右)の比較写真。
患者様にはご自身の歯と同じように、とても快適にご使用頂いております。

インプラント上部構造製作 RICC GlobalLink Dental Laboratories
問い合わせ