インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>インプラントについて

| インプラント症例 |

インプラントとセラミック修復による上顎前歯症例
30代女性。くいしばりの強い方で、右側の中切歯が歯根破折を起こしており、他院で抜歯を勧められました。インプラント治療をご希望され当院を訪れましたが、同時に色調、形態の悪い前歯部の審美的改善もご希望されたため、セラミッククラウン、ラミネートベニア、ホワイトニングも含めたインプラント審美治療を行いました。


術前の状態。右側中切歯の根元が膿んで腫れています。被せものの色調もマッチしてません。


歯肉の左右の位置のバランスが合っていないので、セラミックをやりかえるだけでなく、歯肉ラインの調整も必要でした。精密な診査診断のもと的確に歯周外科処置を施術し状況を改善します。


術前のレントゲン写真です。中切歯にはかなり太い金属の土台が入っており、これも歯根破折の原因でしたので、右側中切歯は抜歯しましたが、左側中切歯は土台のやりかえも行い、審美性、機能性ともに最大限の配慮を行いました。


インプラント施術後のセラミックの型取りの時の状態。


インプラント施術後のレントゲン写真。ノーベルバイオケア社のNobelAactiveを使用しました。


林直樹先生の製作によるセラミッククラウン。模型上での写真。


術後1年経過の状態。インプラントセラミック上部構造、オールセラミッククラウン、ラミネートベニアのコンビネーションによる治療です。このような複雑な治療の場合、色調のマッチングが大変難しいのですが、パーフェクトな色調で製作が行われました。


術後のアップ写真です。天然歯と完全にマッチした美しいセラミック修復が行われました。


お顔、スマイルラインとの調和のとれたセラミックによる治療結果には大変ご満足頂きました。

インプラント最終上部構造、セラミック補綴物製作 林 直樹 先生(Ultimate Styles Dental Laboratory)

問い合わせ