インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>インプラントについて

オールオンフォー

オールオンフォー All-on-4 (無歯顎即日治療)
歯をすべて失ってしまった方や、歯が数本残っているが保存不可能な方に対して、従来のインプラント治療を行った場合は、インプラント手術の後、約3ヶ月〜6ヶ月間は、噛まない状態で生活していただいていおりました。これはインプラント(チタン)と骨が、完全に結合するために必要な期間であり、この間は取り外し式の入れ歯をご使用頂いておりました。
 
オールオンフォーによるインプラント治療は、まったく新しいコンセプトの治療法であり、特殊な術式によって初期安定性を得るため、インプラント手術当日に固定性のブリッジを装着することができます。その結果、噛む機能や審美性を即日に回復することができる画期的な治療法なので、従来のインプラント治療の様に、噛まない状態で生活して頂く必要がありません。

ただし、オールオンフォーによる施術が可能であるか、その判断には術前の的確な診査診断が必要になります。また使用するインプラントの本数も、症例によって異なりますが、これは精密検査の結果により決定されます。

オールオンフォーによるインプラント治療をお考えの方は、まずは当院でのカウンセリングと、精密検査をお勧めいたします。
 

 


オールオンフォー施術例1(上下顎のAll on 4 Case)

 
術前の状態。重度の歯周病のため歯がグラグラでほとんど何も咬むことができず
見た目にも決してきれいとは言えない状態です。

 
上顎の歯周病の歯を全て抜歯し、手術当日に装着されたインプラント固定性の義歯。
骨の無い副鼻腔を避けて適切な位置にインプラントを傾斜埋入するのが特徴です。

麻酔科医立会いのもと静脈内鎮静法下で手術を行いました。、患者様は手術中の事は
何も覚えておらず、不快な思いはまったくしておりません。すべての手術が終了し、
鎮静から目を覚ました時には、すでに美しい仮歯が装着されておりましたので、
術前術後の口元の劇的な変化に大変感激していました。ちなみに鎮痛剤はまったく
服用しなかったとのことです。(術後のお痛みは個人差があります)

 
術前の口元(左)と術後の口元の写真。1日で劇的に表情が美しく変化します。
究極のアンチエイジングとも言えるでしょう。

 
セラミック最終上部構造が装着された状態。内部はメタルフレームによりインプラント
同士が強固に固定されています。長期的に安定した優れた治療結果が得られます。

 
とても自然で美しい口元になりました。仕上がりには大変ご満足いただいております。
もちろん固い物でも何でも咬めるようになりました。

 
数年後、残っていた下の歯に異常が生じましたが、上顎のオールオンフォーが大変調子良く、
また見た目も綺麗であることから、患者様のご希望により、下顎もオールオンフォー
の施術を行いました。

現在7年以上経過しておりますが、後遺症などトラブルもなく大変調子良くご使用頂いて
おります。適切に施術すればオールオンフォーは大変優れた治療法であると言えます。



オールオンフォー施術例2(上顎のAll on 5 Case)

 
上顎が重度の歯周病であり、特に前歯がグラグラで排膿や出血がひどく、日常生活に
支障をきたしているとのこと。オールオンフォーの噂を聞き当院へご来院されました。
(従来の治療法では大幅な骨造成も必要であり、時間のかかる困難な症例です)

診査診断の結果、オールオンフォーの術式は適応かつ可能であることが分かりました。
大変ご多忙な患者様であり、早期の審美的かつ機能的な改善が必要とのことでし
リーズナブルな治療費などを考慮した結果、本術式による治療をご希望されました。

今回使用するインプラントは4本ではなく5本を予定しました。骨の状態や使用する
インプラントの長さなどにより、4本よりも5本あるいは6本を使用したほうが
結果が良いという報告があり、当院でも症例によって最適な本数を決定しております。

まずは全体的な歯周病の治療(PMTCと歯肉縁下のルートプレーニング)を行い、
口腔内を清潔にした後、オールオンファイブの施術を行いました。

 
上顎の歯を全て抜歯し、歯槽骨の整形を丁寧に行い、上顎洞を避けて、適切な位置へ
インプラントを埋入します。その後、あらかじめ作製しておいた仮の歯を特殊な装置
でインプラントへ固定し、手術当日外れない固定式のインプラント義歯を装着します。

本ケースにおいても、静脈内鎮静法を併用しているので、患者様は術中の疼痛もなく、
ストレスない状態での施術を終えられました。

インプラントの仮歯で十分な予後観察とリハビリを行った後に、最終的な上部構造を
製作します。ただ噛めるだけでなく、見た目が綺麗であることも大変重要ですので、
お顔とのバランスを仮歯で丁寧に検証しながら、仮歯の情報をもとに慎重に作業を
行っていきます。インプラントの仮歯にはとても重要な役割があります。


 
施術後の状態。本ケースでは下顎のブリッジにも問題があったため、希望により
インプラント治療を行っております。(一番奥の親知らずはいずれ抜去の予定です)

上記のインプラント最終上部構造は、ねじ止めですので、着脱が可能になります。
メンテナンスや修理のため、必要があればはずして作業を行います。ただし脱着は
患者様ご自身行うことはできず、専門歯科医によってのみ可能になります。


 
術前(左)と術後(右)の口元の状態。もともと出っ歯であり、また重度の歯周病により
見た目が悪くなっていた前歯が、上品で美しい口元に改善しているのがお分かり頂ける
と思います。

術後6年以上経過しておりますが、上下のインプラントは、現在も美しく大変良好に
安定してご使用頂いております。


注)
オールオンフォータイプのインプラント上部構造は、術後のメンテナンスが特に重要
と言われています。最低年2回の当院でのクリーニングと咬合チェックが必要です。
(保証を受けるためには、定期的なリコールに応じて頂く必要があります)

また人工歯の脱落や破折など、長期使用の中では修理が必要な場合もあります。

使用状況にもよりますが、10年以上の使用に際しては、上部構造の補修や再製作が
必要となる場合もありますのでご了承下さい。
(インプラント本体に異常がなければ、上部構造および部品の交換のみで済みます)

オールオンフォーの上部構造を、美しく快適に長期に渡って安全にご使用頂くために、
上記につきまして、患者様にはご理解とご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

問い合わせ