インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>インプラントについて

オールオンフォー

オールオンフォー All-on-4 (無歯顎即日治療)
歯をすべて失ってしまった方や歯が数本残っているが保存不可能な方に対して従来のインプラント治療を行った場合は、インプラント手術の後約3ヶ月間は 噛まない状態で生活していただいていました。これはインプラント(チタン)と骨が完全に結合するために必要な期間であり、この間は入れ歯を使用することになります。
オールオンフォーによるインプラント治療は、特殊な術式によって初期安定性が優れているため、インプラント手術当日に固定性のブリッジを装着することができます。その結果、噛む機能や審美性を即日に回復することができる画期的な治療法なので、従来のインプラント治療の様に、噛まない状態で生活して頂く必要がありません。

 


オールオンフォー施術例(上顎の場合)
 
術前の状態。重度の歯周病のため歯がグラグラでほとんど何も咬むことができず
見た目にも決してきれいとは言えない状態です。

 
上顎の歯周病の歯を全て抜歯し、手術当日に装着されたインプラント固定性の義歯。
骨の無い副鼻腔を避けて適切な位置にインプラントを傾斜埋入するのが特徴です。

 
術前の口元(左)と術後の口元の写真。1日で劇的に表情が美しく変化します。
究極のアンチエイジングとも言えるでしょう。

 
セラミック最終上部構造が装着された状態。内部はメタルフレームによりインプラント
同士が強固に固定されています。長期的に安定した優れた治療結果が得られます。

 
とても自然で美しい口元になりました。仕上がりには大変ご満足いただいております。
もちろん固い物でも何でも咬めるようになりました。
適切に施術すればオールオンフォーは大変優れた治療法であると思います。

 

問い合わせ