インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>審美歯科

審美歯科

ホワイトニング


主にご自宅で行うホワイトニングです。クリニックで精密な型とりを行い、漂白専用のマウスピースを作製致します。漂白ジェルをマウスピース内面に塗布して、日中30分~2時間装着、通常1~2週間で漂白は完了します。歯の着色の程度により漂白期間は多少個人差がありますので、詳細については担当まで御相談下さい。


クリニックで行うホワイトニングです。濃度の濃いホワイトニングジェルと専用のライトを用いて比較的短期間で漂白を行います。1回のアポイントで10分×2~3回のジェル塗布とライト照射を行いますが、2~3回のアポイントが必要な場合があります。


ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用する漂白法です。安定した治療結果が得られるため、当院では比較的多くの方がこの方法を選択しております。

 
                   ホワイトニング術前                                               ホワイトニング術後

 
                  ホワイトニング術前                                               ホワイトニング術後

 
                   ホワイトニング術前                                               ホワイトニング術後

歯のクリーニングPMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)
歯科医師や歯科衛生士など国家試験資格を有する専門教育を受けた歯のプロフェッショナルが、専用の特別な機材を使って歯のクリーニングを行います。
日常の歯ブラシだけでは取りきれない、歯面に付着した歯垢(プラーク)などのバイオフィルム(細菌の塊)や沈着物などを特殊な専門器機を使って完全に取り去った後、フッ素入りペーストを用いて歯面をツルツルにします。これによりバイオフィルムの再付着を予防しフッ素により、また歯質を強化することが可能です。
歯周病や虫歯の予防、さらに審美性の向上に非常に効果があります。もちろん痛みを伴う処置ではありませんのでご安心下さい。
 

 

                            術        前                                                                 術        後
審美歯科施術例(前歯セラミック修復ケース)
 

上顎前歯部の審美的な改善を希望されて来院されました。オールセラミッククラウンとラミネートベニアによる審美修復を計画しました。まずは施術に際して、歯周治療、根管治療、歯根のホワイトニング、ポストのやりかえ、下顎前歯のホワイトニングによる全体的な色調の改善など、基礎的な治療をしっかりと行いました。



仮歯でしっかりと予後観察を行った後、 歯科技工士の先生からの指示(プレパレーションガイド)に従って支台歯の形成を行い、精密な印象採得(歯の型とり)を行います。



施術後の状態。口腔内のすべての歯にマッチした、ナチュラルで美しい仕上がりのセラミック修復が施術され、十分な患者満足を得ることができました。見た目だけでなく、補綴物の適合精度、咬合(かみあわせ)や歯周組織の状態など、機能的にも十分な配慮がなされています。



セラミック補綴物製作 林 直樹 先生  (Ultimate styles Dental laboratory)

審美歯科施術例 (前歯ラミネートベニア修復ケース)
 

審美的改善を希望して来院されましたが、歯並びにも問題があったため、まずは矯正治療を行い、理想的な歯のポジションや咬み合わせの改善を行いました。(矯正治療はよごさわ歯科矯正、与五沢文夫先生による施術)



患者様の要望を実現するために精密に製作されたラミネートベニア(模型上)



ラミネートベニア施術後の状態。歯の色調の改善と、ブラックトライアングルと呼ばれる歯と歯の黒い隙間をなくす処理も施されています。







「とてもナチュラルで作り物の歯っぽくなくて気に入っています!」と大変ご満足頂いております。


ラミネートベニア製作 林 直樹 先生  (Ultimate styles Dental Laboratory) 
審美歯科施術例(前歯メタルボンドセラミック修復ケース)
  

日系外国人の患者様です。前歯部の審美的な改善をご希望でした。ホワイトニングと歯肉ラインの整形や矯正治療などより美しく修復するための治療法についてご説明しましたが、それらはご希望されなかったので、現状で何とか最前の結果が得られるよう努力することにしました。


古いセラミック冠を外し、継ぎ接ぎ状態のプラスチックの詰め物や虫歯の部分をしっかりと除去します。基礎的な治療はとても大切です。歯肉の状態を整えて、精密な型とりを行います。



セラミック冠(セラモメタルクラウン)が装着された状態。
とてもナチュラルな仕上がりに大変ご満足いただけました。



セラミック補綴物製作  林 直樹 先生 (Ultimate Styles Dental Laboratory)
審美歯科施術例(前歯を含めた全顎的インプラントセラミック修復ケース)
前歯の見た目(審美性)の改善と、奥歯の欠損している歯のインプラント治療を含めた全体的な治療を希望して来院されました。


初診時の状態。歯の色調も黄ばんでおり、右上に色の合っていないセラミックが入っています。


奥歯は何本か欠損しており、状態の悪い保存不可能な奥歯もありました。そのためインプラント治療も含めた全顎的治療が必要でした。全体的な歯周病治療(スケーリング、ルートプレーニング)を行なったあと、インプラント治療を行い、仮歯で噛み合わせが安定してから、前歯の審美治療に移行します。


最終的なセラミックのラミネートベニアとクラウンが装着された状態。
下顎の前歯はホワイトニングで色調を整えてあります。(ただしホワイトニングは若干の色の後戻りがあるので、定期的なメンテナンスが必要になります)


前歯をどれだけ綺麗に作っても、奥歯の噛み合わせがしっかりしていなければ長期的には安定しません。インプラントで奥歯の咬合を回復し、噛み合わせを整えることは、審美治療においてもとても重要と考えます。


術前の口元の状態。色調の不一致と、歯の形態の不揃いが見られます。



治療後の状態。綺麗な仕上がりに大変ご満足頂いております。
10年近く経過しておりますが、とても安定した状態でご使用頂いております。
(定期的なメンテナンスにはしっかり応じて頂いています)


審美歯科施術例(臼歯セラミック修復ケース)
虫歯治療に際して、奥歯の銀の詰め物を白いものでやりかえたいとのご要望から、セラミック修復にて審美的改善を行いました。


術前の口腔内写真。古い銀の修復物と、それに伴う歯の内部変色(メタルタトゥー)が見られます。


銀歯の下には大きなカリエス(虫歯)が存在しましたので、拡大鏡下で感染象牙質の徹底な除去を行います。審美修復では、ただ白い物を詰めたりかぶせるだけでなく、しっかりと感染源を取り除くことが、治療の長期的な成功のためには必要です。(写真は精密印象後の写真で、象牙質表面には唾液に触れても大丈夫なように感染防止のための特殊なコーティング処理が施されています。)


オールセラミッククラウンおよびセラミックインレー装着後の口腔内の状態。
オリジナルの歯の色調にマッチさせた美しく自然な修復を心がけています。

セラミック補綴物製作 RICC GlobalLInk Dental Laboratories



審美歯科施術例(矯正治療が必要だった審美セラミック修復)
上顎の前歯の被せ物が土台ごと外れて来院されました。


診査の結果、歯根が水平に割れておりました。通常でしたら抜歯適応の症例です。
他の被せ物の周りの歯肉も赤く腫れ上がりおり、重度の炎症が見られました。



精密検査の結果、歯根が割れた原因は不正な噛み合わせにあると考えられました。下の前歯の位置と歯並びが悪く、上の歯を下から激しく外側に突き上げている状態でした。
この状態ではインプラントを入れても問題が起きる可能性が高いので、患者様の同意のもと、噛み合わせを治す目的で矯正治療を行いました(矯正治療はよごさわ歯科矯正:与五沢文夫先生の施術。日本を代表する矯正治療の権威です)


矯正治療が終了し、前歯部の上下の噛み合わせが正常になりました。また矯正治療の際に、割れた歯根を挺出し(上側に引っ張り出し)、型を取れる状態にできたので、抜歯してインプラントを行うことなく治療を終えることができました。サイズの合ってなかった古い被せ物も同時にやり変えました。


歯肉の状態を整えてから、精密な型取を行い、サイズの合ったセラミックを装着することにより、歯肉の炎症も消失し、美しく健康な歯周組織の状態を取り戻すことができました。



だた白い歯を入れるだけではなく、噛み合わせも考慮した機能的な歯を入れることにより、安定した審美性が長期的に保たれます。そのため審美治療においては適切な診査診断がとても重要であると考えています。



審美歯科施術例 (前歯セラミック修復ケース)
 
前歯部の審美的な改善も含めた、全顎的歯科治療をご希望され来院されました。


 
審美的な歯周外科(コスメティックサージェリー)を行い、歯肉のラインを修正後、
上顎の前歯4本はラミネートベニヤとオールセラミッククラウンで修復を行いました。



仕上がりには大変ご満足いただいております。
(術後10年以上問題なくご使用頂いております)

補綴物製作 RICC GlobalLInk Dental Laboratories

審美歯科施術例 (ホワイトニングとセラミック修復を併用したケース)
術前の状態。(歯髄壊死と残存歯質の強度不足のため根管治療とセラミック修復が必要でした)

型とり前のホワイトニング終了時の状態。
 

セラミック冠の試適調整時。完璧な適合とかみ合わせの調整を行います。

セラミック冠装着後。 歯肉の炎症もなく、周囲とマッチしたとても自然な仕上がです。術前の上顎前歯中央の黒い隙間も消失しています。

補綴物製作 内海賢二先生
(KEN-Dental Laboratory )

 
審美歯科施術例(歯根の漂白後にセラミック修復したケース)

 
術前の状態。歯肉部の変色を気にされて来院。
不適切なセラミック治療による、歯根と歯肉の変色が見られます。
 

  
セラミック冠を外した状態。歯根の変色が著しいので(虫歯、神経の取り残しと土台の材質が原因です)根管治療後に歯根を漂白してからファイバーポストで土台を製作しました。



オールセラミック冠装着時。変色部は消失し、歯肉も健康を取り戻しました。
 


口元周囲と調和したナチュラルで美しい仕上がりです。

補綴物製作 内海賢二先生(KEN-Dental Laboratory )






 

問い合わせ