インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>審美歯科

| 審美歯科 |

審美歯科症例(歯根の漂白後にセラミック修復したケース)

 
術前の状態。歯肉部の変色を気にされて来院。
不適切なセラミック治療による、歯根と歯肉の変色が見られます。
 

  
セラミック冠を外した状態。歯根の変色が著しいので(虫歯、神経の取り残しと土台の材質が原因です)根管治療後に歯根を漂白してからファイバーポストで土台を製作しました。



オールセラミック冠装着時。変色部は消失し、歯肉も健康を取り戻しました。
 


口元周囲と調和したナチュラルで美しい仕上がりです。

補綴物製作 内海賢二先生(KEN-Dental Laboratory )






 

問い合わせ