インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>審美歯科

| 審美歯科 |

審美歯科症例(臼歯セラミック修復ケース)
虫歯治療に際して、奥歯の銀の詰め物を白いものでやりかえたいとのご要望から、セラミック修復にて審美的改善を行いました。


術前の口腔内写真。古い銀の修復物と、それに伴う歯の内部変色(メタルタトゥー)が見られます。


銀歯の下には大きなカリエス(虫歯)が存在しましたので、拡大鏡下で感染象牙質の徹底な除去を行います。審美修復では、ただ白い物を詰めたりかぶせるだけでなく、しっかりと感染源を取り除くことが、治療の長期的な成功のためには必要です。(写真は精密印象後の写真で、象牙質表面には唾液に触れても大丈夫なように感染防止のための特殊なコーティング処理が施されています。)


オールセラミッククラウンおよびセラミックインレー装着後の口腔内の状態。
オリジナルの歯の色調にマッチさせた美しく自然な修復を心がけています。

セラミック補綴物製作 RICC GlobalLInk Dental Laboratories



問い合わせ