インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>院長ブログ

院長ブログ

セルビア前大使 旭日大綬章受章祝賀会
前セルビア共和国特命全権大使でセルビア共和国外務大臣のイバン・ムルキッチ氏より直接ご招待を賜り、セルビア大使館での祝賀会に出席して参りました。

 
(写真左)ムルキッチ前大使をお出迎えする政財界関係者の方々。天皇陛下からお祝いを拝受したその足で会場に駆けつけられました。写真右はご挨拶をされているムルキッチ前大使ご夫妻と現駐日セルビア共和国大使(右端)

この祝賀会は、ムルキッチ前セルビア大使が、日本とセルビア間の関係強化及び友好親善に寄与した功績が高く評価され、旭日大褒章受賞の栄誉に浴されたため、急遽親しい関係者のみを招いて開催されたものです。

セキュリティの関係で直前まで内密にしていたとのことで、大変急なお誘いではありましたが、ぜひお祝いに駆けつけたかったので、診療アポイントを変更してお祝いに参上いたしました。ご協力とご理解を頂いきました患者様に深く御礼申しげます。

 
(写真左)お祝いにお花をお送りいたしました。急なお願いにも関わらず丁寧にご対応して頂いたアリエル&ウィッチムーンの皆様にも感謝です。大使館のレセプションや、当院患者の俳優、女優、歌手のみなさまの会場や楽屋に、いつも綺麗なお花を届けて下さいます。おすすめのお花屋さんです!(爆笑問題:太田光様の奥様で芸能事務所タイタン太田光代社長様のお店とのことです。お会いしたことは残念ながらありませんが)https://ariel-net.jp/flower/
(写真右)とても美味しいセルビア料理を今回も堪能させて頂きました。本場の料理を楽しめるのもレセプションの醍醐味です;笑)


 
ムルキッチ前大使ご夫妻と久々の再会を祝しての記念撮影。在日中はご家族そろって治療に通って下さり、普段からとても親しく接して下さいました。ご帰国されてからかなりの年月が経ちますが、ちゃんと覚えていて下さり、わざわざお呼び頂きましたこと、本当に嬉しく思っております。今度はぜひセルビアでお会いしましょう!とお約束して、診療に戻りました。またいつの日にかお目にかかれる日を心より楽しみにしております。この度は栄誉ある旭日大褒章受賞、誠におめでとうございました!^^
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
執筆 @ Implants in the Aesthetic Zone
Implants in the Aesthetic Zone というタイトルのインプラント専門書が、来年全世界に向けて出版予定で、私も共同執筆者として執筆に協力させて頂きました。本の宣材が届きましたのでこの場をお借りしてご紹介させて頂きます。


Drs.Todd Shoenbaum, Peter K. Moy, Joseph Kan, Bach Lee, Perry Klokkevoldなど、世界トップレベルの著名なドクターと一緒にご紹介して頂き、とても光栄です(左下写真です)

この専門書は、インプラント治療でも特に難易度が高いと言われている、審美領域でのインプラント治療(主に上顎の前歯の目立つ部分のインプラント治療)について、治療を成功に導くためのガイドラインが細かく記されています。。前歯の治療は、噛めるだけでなく、見た目の綺麗さも要求されるため、ハイレベルな治療技術と知識が必要であり、それを学ぶために特化した内容となっております。

ページ構成は4つのPartから成り、1)治療計画の立案、2)インプラントのための硬組織、軟組織の造成、3)抜歯即時インプラントについて、4)インプラント上部構造の製作、について書かれており、上記についてさらに細かく18章に分けて解説が行われております。

私は日本人の共同執筆者(Dr.Suzuki,Dr.Igarashi,Dr.Morimoto)と共に、Part2: Site Preparation: Hard and Soft Tissue Augmentationの中の、Chapter5: Indications for augmentation prior to implant placementについて多くを執筆させて頂きました。

インプラント治療を行うにあたり、施術部位の歯槽骨や歯肉が十分に存在しない場合に、どのような事に気をつけて治療プランを立て、また実際の治療を行っていけば良いのか、最新の知見をもとに、実際の臨床例(治療例の写真)を通じて、そのコンセプト等について詳しく解説させて頂きました。日々忙しい中、全編英語での執筆活動(チャレンジ)でしたので、正直かなり大変な作業でしたが、根性で何とかやり遂げることができました。

世界的に著名なインプラント治療のスペシャリストや研究者とともに、専門書の執筆に携わり、こうして書籍が日の目を見ることになり、とても感慨深いものがあります。そして非常に嬉しいです。

今回の執筆にあたり、お話を頂きましたチーフエディターのUCLA Todd Shoenbaum教授とUCLA クリニカルインストラクターの清水藤太先生、共同執筆者でICOI次期世界会長の鈴木仙一先生、そして英文監修を行って頂いた日本一の通訳:柴田節子様に心から謝辞を申し上げます。


私の隣、後列右側がTodd Shoenbaum教授。UCLA歯学部で史上最年少で教授に就任した秀才で、現在はUCLA卒後研修プログラムのディレクター(副学長クラスの要職)、またプライベートではカリフォルニア州のバイク競技チャンピオンでもあるスーパードクターです。
前列左から、学術団体JAID会長の岩城正明先生(俳優:椎名桔平氏の実兄)、ロサンゼルス開業の著名な歯内療法専門医でUCLAクリニカルインストラクターの清水藤太先生、ICOI国際口腔インプラント学会次期世界会長の鈴木仙一先生と記念写真。私が普段からお世話になっている大変素晴らしい先生方です。良いご縁をありがとうございました!
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
ニューヨーク2017冬
ニューヨーク大学インプラントプログラム第13期の最終セッションと修了式が、米国ニューヨーク大学歯学部にて行われ、プログラムリーダーとして受講生のサポートのため参加しました。

 
NYU歯学部での講義風景(左)とNYU13期生とファカルティーとの集合写真(右)

ここのところ毎年5月と12月にニューヨークを訪れていますが、12月のNYはやっぱり寒いですね。。日本とは違う、乾いた刺すような寒さで、時には命の危険を感じる時もあるくらいです(これでもまだ極寒の1月、2月よりはるかにましですが。。) 

実は今回、予約してあったはずの宿が予約できておらず、おまけにこの時期のNYマンハッタンはホテルがほぼ満室で、空いているのはバカみたいに高い部屋ばかり。。普通の宿が見つかるまでの数日間は、友人先輩の広い部屋に間借りしたりして過ごしておりました(なので集合写真は眠そうな顔してます)普段はこんなミスはしないのですが、今年は特に忙しかったせいなのか、それともいよいよ歳のせいなのか、久々にやらかしてしまった感じで反省しています。

でも、2年間、中米グアテマラセッションも共にしたNYU13期の優秀な先生方が、今回は無事に全員が卒業できたので、遥々サポートに来た甲斐があったと安堵しております。勉強熱心な先生方の今後のご活躍を期待しております。

さて、今回のNY滞在ではもう一つのミッション、コロンビア大学歯学部の新しい診療フロア完成のオープニングレセプションにご招待されたので、参加して参りました。

  
コロンビア大学からの招待状(左)と新診療フロアのエントランスにて、ICOI次期世界会長の鈴木仙一先生と記念撮影(右)

 

新設備について説明するコロンビア大学歯学部同窓会長(左)と、コロンビア大学歯学部長の奥様とご家族(右)と久々の再会を祝しての記念撮影。デジタルテクノロジーを駆使した最新の治療機器を導入し、より効率的な歯科教育を世界に先駆けて実践していくそうです。さすがのアメリカ、多額の寄付もあり、設備の規模がもの凄いです。

私は以前に、コロンビア大学が主催する2年間のインプラント研修プログラム(NYUインプラントプログラムと同様のプログラム)にも参加しておりました。その際に、コロンビア大学にインプラント科と診療フロアが新設されたので、お礼の意味も含めて、診療チェアーを含む個室の診療室を1つ寄付いたしました。

私にとっては結構大変な出費でしたが、大学のインプラント教育に役立てるのならと思い切って寄付したおかげで、今ではコロンビア大学歯学部の同窓生の扱いを受けております。現在でもコロンビア大学の奨学金制度から寄付依頼のメールがよく届くのでマメにドネーションは行っておりますが、他国の優秀な苦学生からお礼のエアメールを頂戴することもあり、日本とアメリカの教育環境の違いを実感しております。親日であるコロンビア大学の学長さんとは現在もとても親しくさせて頂いておりますので、今後ともできる限りのサポートはしていきたいと考えております。

 
写真右から、コロンビア大学歯学部長とコロンビア大学医学部副学長を兼任するDr.Christian S. Stohler, 前ニューヨーク大学インプラント科主任教授で現在はコロンビア大学インプラント科主任教授のインプラントの世界的権威 Dennis P Tarnow教授、ICOI国際口腔インプラント学会次期世界会長の鈴木仙一先生、ニューヨーク大学臨床教授の福岡幸伸先生、ICOI国際口腔インプラント学会創設者でチェアマン(代表:一番偉い人)のDr. Kenneth W.M. Judyと記念撮影。貴重な思い出になりました。
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
ホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領
南米ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領がご来日され、このたび、駐日ウルグアイ東方共和国Eduardo Bouzout特命全権大使閣下のご厚意により、東京外国語大学でのご講演を拝聴させて頂く大変貴重な機会に恵まれました。


東京外国語大学での日本の若者に向けてのご講演風景。この後、池上彰氏との対談が行われ、その模様はフジテレビの特番で放映されました。現代の消費社会に警鐘を鳴らす非常に強いメッセージで、心に響く本当に素晴らしいお話でした。

大統領時代の給与の90%以上を慈善団体に寄付し、とても質素な生活を送っていたことから『世界一貧しい大統領』と呼ばれていましたが、2012年の国連リオ会議での伝説的なスピーチにより、偉大な大統領として世界中に広く知られることになります。その言動や人柄から、多くの人々から尊敬され慕われており、日本でもファンは多いと聞きます。昨年、5年の大統領任期を無事に終え、全国民に惜しまれながらご退任されたそうです。

「貧乏な人とは、少ししか物をもっていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

どんどん物を買わせることによって成り立っている現代の消費社会。そしてただただ物欲を満たすことにより幸福を感じていると錯覚している我々にとって、買い物の代金やローンの支払いに日々追われ、大切な自分の自由な時間を奪われている現実に気づいている人はいったどれくらいいるのだろう。世界第3位の経済大国日本に暮らす我々は本当に豊かで幸せなのだろうか?ムヒカ氏の問いかけは多くの日本人に自身の人生を再考する素晴らしいチャンスを与えてくれてたと私は思います。

また日本の若者の政治離れについても大変憂慮されており、「どうせ何も変わらないだろう」とあきらめるのではなく、同じ考えの同志を集め、集団で行動することにより、きっと将来を変えることができる。と強く説いておられました。

当時のウルグアイ軍事政権に反発し、ただ国を良くしたいという信念のもと政治活動を行った結果、13年間の投獄生活を送ることに。しかしその間も自分の信念主張は全く曲げず、何物にも屈せず、ただひたすら信じ続け、最後には大統領にまで上り詰め、国民のために多くの改革を有言実行したという波乱万丈の人生を送ってこられたムヒカ氏のメッセージは、口先だけでない重みがあり、それが多くの人の支持を得ているのだと言われています。

これらの逸話はメディアでも多く取り上げられたのでご存知の方も多いかと思います。今回の来日で多くの日本人のこれからの人生に多大な影響を与えたことは間違いないでしょう。

(アメリカとキューバの歴史的な和解もムヒカ氏の貢献あってこそというお話も関係者から聞きました。もちろん日本のみならず世界的に大きな影響を与えている大変偉大な方です)


楽屋でフレンドリーに写真撮影に応じて下さったムヒカ前大統領。ご挨拶した際にとても優しい笑顔で迎えて下さいましたが、その瞳の奥から嘘偽りのない本物の優しさが伝わってきて、いつの間にか私も満面の笑みになっていました。右の女性はムヒカ氏の奥様でウルグアイ上院議員のルシア・トポランスキさん。本当に素敵なご夫婦でした。

以前からとても尊敬しておりすごくお会いしたかった方なので、実際にお目にかかれて本当に幸せでした。また、大きなパワーと同時に大切なメッセージも直接受け取った気がします。

このような大変貴重な素晴らしい機会を与えて下さいましたウルグアイ大使ご夫妻に心から感謝申し上げるとともに(各国大使、抽選の学生300人、マスコミ関係者以外、一般の入場は一切不可でした)81歳のご高齢にもかかわらず地球の裏側からはるばる日本までいらして下さり、日本のために貴重なアドバイスを下さったホセ・ムヒカ氏と奥様に心より御礼申し上げる次第でございます。

「世界一心の豊かなムヒカ前大統領」から頂いたありがたいお言葉を胸に、自分の人生をより幸せに生き、歯科医師として多くの患者様を幸せにすることができますよう尊い使命感をもって、残りの人生しっかり頑張っていきたいと思います!
投稿者 南青山インプラントセンター(佐藤歯科医院) | PermaLink | トラックバック(0)
1