インプラントのご相談は国際口腔インプラント学会指導医/認定医の東京都港区南青山インプラントセンターまで
HOME>インプラントについて

インプラント症例

抜歯即時埋入症例(抜歯直後にインプラント植立し当日に仮歯を装着したケース)
現在のインプラント治療では前歯でも奥歯でも、ある一定の条件(充分な骨質と骨量、咬合力のコントロールなど)を満たしていれば、インプラント手術当日に固定性の仮義歯を装着することが可能です。いきなり硬いものを食べるのは難しいですが、柔らかいものでしたら当日からお召し上がりになれます。



40代男性。変色を起こしている上顎の前歯は、数年前に外傷(打撲)で歯根が折れたそうです。お痛みがなかったのでしばらく放置していたそうですが、少しぐらつき始めてきたので他院を受診したところ抜歯してインプラントを勧められました。インプラント手術に際してより専門性の高い医院での治療が必要とご自身で判断されてご来院されました。精密検査の結果、歯を支える歯槽骨のダメージは最小限でしたので、抜歯と同時にインプラント埋入+骨移植、そして仮歯の装着を行うことに致しました。


抜歯した破折歯の状態。抜歯と同時にインプラント埋入と骨移植(人工骨使用)を行いました。

 

 
術前・術後のレントゲン写真です。寸分の誤差もなく予定どおり理想的な位置にインプラントが適切に埋入されております。

これらの一連の処置は麻酔科医による全身管理のもと、静脈内鎮静法を用いて行われておりますので、ほとんど眠っている間に手術が行われ、目が覚めた時にはすべてが終了しています。
鎮静麻酔薬の働きで、術中のことはほとんど何も覚えていないので、とても快適なインプラント手術を安全に施術できることから、患者様には大変好評を頂いております。(当院では基本的に全てのインプラント手術で静脈内鎮静法を行っております)





インプラント最終上部構造(ジルコニアカスタムアバットメント+オールセラミッククラウン)装着後の写真です。歯の色合わせ(シェードテイキング)は写真のやりとりのみで行いましたが、色調、かみ合わせともに完璧で全く調整する必要がない上部構造でしたので、型取りから最終セットまで2回のアポイントで治療を終えることができました。(ちなみにこれだけパーフェクトに色調をフィットさせるためには、一般的に通常3~4回以上のアポイントが必要です)





患者様は折れたご自身の歯の代わりに、インプラントで元通りの審美的な改善と、かつ長期的に安定して使用できることを望んでおられましたので、治療結果には大変満足していただいております。(折れた歯のみ治療をご希望でしたので、他の歯はさわっておりません。限られた条件下で全体のバランスを整えております)




インプラントの上部構造は、米国カリフォルニアを拠点に世界的にご活躍されている、超一流のマスターセラミスト 林 直樹 先生(Ultimate Styles Dental Laboratory)の製作です。まさに超一級の芸術作品と賞賛するに相応しい完璧な仕上がりです。

上顎左右側切歯 先天欠損症例
20代女性。上顎の左右の側切歯が先天的に欠損しておりました。インプラント治療に際して、まずは術前矯正を行い、インプラント補綴のための適切なスペースの確保を行いました。
(インビザラインによる矯正治療は青山アール矯正歯科・佐本博先生の施術による)


術前(矯正終了後)の口腔内の状態


CT画像診断用ソフトSim/Plantを用いて、3次元的な骨診断と外科シュミレーションを行う。



術前(矯正終了後)のレントゲン写真


インプラント施術後(最終補綴物装着後)のレントゲン写真


インプラント最終上部構造装着後の口腔内写真。



インプラント上部構造はジルコニアカスタムアバットメント+オールセラミッククラウンにて製作いたしました。







自然な仕上がりに大変ご満足頂いております。

インプラント最終上部構造製作  林 直樹 先生 (Ultimate Styles Dental Laboratory)



インプラントとセラミック修復による上顎前歯症例
30代女性。くいしばりの強い方で、右側の中切歯が歯根破折を起こしており、他院で抜歯を勧められました。インプラント治療をご希望され当院を訪れましたが、同時に色調、形態の悪い前歯部の審美的改善もご希望されたため、セラミッククラウン、ラミネートベニア、ホワイトニングも含めたインプラント審美治療を行いました。


術前の状態。右側中切歯の根元が膿んで腫れています。被せものの色調もマッチしてません。


歯肉の左右の位置のバランスが合っていないので、セラミックをやりかえるだけでなく、歯肉ラインの調整も必要でした。精密な診査診断のもと的確に歯周外科処置を施術し状況を改善します。


術前のレントゲン写真です。中切歯にはかなり太い金属の土台が入っており、これも歯根破折の原因でしたので、右側中切歯は抜歯しましたが、左側中切歯は土台のやりかえも行い、審美性、機能性ともに最大限の配慮を行いました。


インプラント施術後のセラミックの型取りの時の状態。


インプラント施術後のレントゲン写真。ノーベルバイオケア社のNobelAactiveを使用しました。


林直樹先生の製作によるセラミッククラウン。模型上での写真。


術後1年経過の状態。インプラントセラミック上部構造、オールセラミッククラウン、ラミネートベニアのコンビネーションによる治療です。このような複雑な治療の場合、色調のマッチングが大変難しいのですが、パーフェクトな色調で製作が行われました。


術後のアップ写真です。天然歯と完全にマッチした美しいセラミック修復が行われました。


お顔、スマイルラインとの調和のとれたセラミックによる治療結果には大変ご満足頂きました。

インプラント最終上部構造、セラミック補綴物製作 林 直樹 先生(Ultimate Styles Dental Laboratory)

オール・オン・フォー (上顎全歯抜歯後、インプラント義歯を即日装着)
50代女性。上顎の歯が重度の歯周病でグラグラしており、ほとんど何も咬めない状態でした。保存不可能なため抜歯が必要と診断されました。 以前でしたら抜歯後に一定の治癒期間をおいてからインプラントを入れて、数ヶ月してから歯を装着しましたが、現在では抜歯して即時にインプラントを埋入し、その日に固定性のインプラント義歯を装着するオール・オン・フォーという術式を行っております。この方法では4〜6本の少ないインプラントで治療を終えることができるのでとても経済的であり、良好な長期結果も多数報告されている安全性の高い治療法です。多くの患者様に大変喜ばれております。

j
術前の口腔内。重度の歯周病のためほとんど満足に食事ができない状態です。


上顎の歯を全て抜歯後すぐにインプラントを4本埋入し、あらかじめ製作しておいた義歯をインプラントに固定します。医院を出る時にはきれいな歯でお帰り頂きます。術後痛はほとんどなく、数日若干の腫れはあったそうですが、鎮痛剤は1錠も飲まなかったそうです。

  
術前のレントゲン写真(左)と術直後(手術当日)のレントゲン写真(右)

 
術前の口元の状態(左)と術直後(手術当日)の口元の状態(右)


上顎インプラント・セラミック最終上部構造装着後の状態(口腔内)

  
上顎インプラント・セラミック最終上部構造装着後の状態(レントゲンと口元)

表情が劇的に美しく改善されたのは言うまでもありません。
柔らかいお食事でしたら手術当日からお召し上がりになることも可能です。
治療結果には大変ご満足頂いており、下顎もいずれインプラント治療予定になりました。

インプラント上部構造製作 RICC GlobalLInk Dental Laboratories

 注)オール・オン・フォーは術前の診断がとても重要になりますので、まずは精密検査をお受けいただき、よくご相談の上で術式を決めさせて頂きます。ご不明な点はお気軽にご相談下さい。
オール・オン・フォー(上顎にインプラントを5本使用したケース)


 
上顎が重度の歯周病であり、特に前歯がグラグラで排膿や出血がひどく、日常生活に
支障をきたしているとのこと。オールオンフォーの噂を聞き当院へご来院されました。
(従来の治療法では大幅な骨造成も必要であり、時間のかかる困難な症例です)

診査診断の結果、オールオンフォーの術式は適応かつ可能であることが分かりました。
大変ご多忙な患者様であり、早期の審美的かつ機能的な改善が必要とのことでした。
リーズナブルな治療費なども考慮した結果、本術式による治療をご希望されました。

今回使用するインプラントは4本ではなく5本を予定しました。骨の状態や使用する
インプラントの長さなどにより、4本よりも5本あるいは6本を使用したほうが
結果が良いという報告があり、当院でも症例によって最適な本数を決定しております。

まずは全体的な歯周病の治療(PMTCと歯肉縁下のルートプレーニング)を行い、
口腔内を清潔にした後、オールオンファイブの施術を行いました。

 
上顎の歯を全て抜歯し、歯槽骨の整形を丁寧に行い、上顎洞を避けて、適切な位置へ
インプラントを埋入します。その後、あらかじめ作製しておいた仮の歯を特殊な装置
でインプラントへ固定し、手術当日外れない固定式のインプラント義歯を装着します。

本ケースにおいても、静脈内鎮静法を併用しているので、患者様は術中の疼痛もなく、
ストレスない状態での施術を終えられました。

インプラントの仮歯で十分な予後観察とリハビリを行った後に、最終的な上部構造を
製作します。ただ噛めるだけでなく、見た目が綺麗であることも大変重要ですので、
お顔とのバランスを仮歯で丁寧に検証しながら、仮歯の情報をもとに慎重に作業を
行っていきます。インプラントの仮歯にはとても重要な役割があります。


 
施術後の状態。本ケースでは下顎のブリッジにも問題があったため、希望により
インプラント治療を行っております。(一番奥の親知らずはいずれ抜去の予定です)

上記のインプラント最終上部構造は、ねじ止めですので、着脱が可能になります。
メンテナンスや修理のため、必要があればはずして作業を行います。ただし脱着は
患者様ご自身行うことはできず、専門歯科医によってのみ可能になります。


 
術前(左)と術後(右)の口元の状態。もともと出っ歯であり、また重度の歯周病により
見た目が悪くなっていた前歯が、上品で美しい口元に改善しているのがお分かり頂ける
と思います。

術後6年以上経過しておりますが、上下のインプラントは、現在も美しく大変良好に
安定してご使用頂いております。


注)
オールオンフォータイプのインプラント上部構造は、術後のメンテナンスが特に重要
と言われています。最低年2回の当院でのクリーニングと咬合チェックが必要です。
(保証を受けるためには、定期的なリコールに応じて頂く必要があります)

また人工歯の脱落や破折など、長期使用の中では修理が必要な場合もあります。

使用状況にもよりますが、10年以上の使用に際しては、上部構造の補修や再製作が
必要となる場合もありますのでご了承下さい。
(インプラント本体に異常がなければ、上部構造および部品の交換のみで済みます)

オールオンフォーの上部構造を、美しく快適に長期に渡って安全にご使用頂くために、
上記につきまして、患者様にはご理解とご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。

奥歯にインプラント治療を行った症例1
60代女性。右下の奥歯を失ってしまい、他院にて部分義歯を製作したが、装着感が悪くあまり使用できなかったとのこと。その後、義歯の針金をかけていた歯が負担荷重で折れてしまい、インプラント治療を希望して紹介来院されました。

 
術前の口腔内の状態とレントゲン写真。欠損部の上顎の奥歯が挺出(下に伸びてきている)しており、噛み合わせの崩壊が進んでいました。

 
術後の口腔内の状態とレントゲン写真。全体的な歯周病の専門治療の終了後にインプラント治療を行いました。挺出した上顎の奥歯もクラウンを被せ直し、噛み合わせのバランス(咬合平面)を整えた後に、審美性と機能性に優れたセラミックのインプラント上部構造(スクリューリテインタイプ)を装着いたしました。

 
術後の口腔内の状態(写真左)と術前の口腔内の状態(写真左右)の比較写真。
患者様にはご自身の歯と同じように、とても快適にご使用頂いております。

インプラント上部構造製作 RICC GlobalLink Dental Laboratories
奥歯にインプラント治療を行った症例2
30代女性。上下ブリッジの不具合(食事毎の物詰まりと異臭等)の改善と、虫歯治療および審美歯科治療をご希望され来院されました。下顎奥歯のブリッジは除去して欠損部にはインプラント治療を、上顎奥歯はブリッジを外した後に矯正治療を行い、インプラントを使用せずにスペースを閉じる治療といたしました。


術前の口腔内の状態とレントゲン写真



術後の口腔内の状態とレントゲン写真

当院では、インプラントの上部構造は再着脱可能なスクリュー・リテイニング・システム(ネジ固定)を主に選択しています。現在のインプラント歯科ではセメントで固定するタイプが主流ですが、長期的なメンテナンスを考慮した場合、特に奥歯のインプラント治療に際しては、外して清掃したり、修理したりできるスクリューリテインタイプの術式の有利性が近年見直されてきています。当院では開院当初から一貫してこのシステムを使用しており、安全で質の高いメンテナンスを実践しております。

「ワンピースインプラント+セメント合着」に代表される安価なインプラントでは、このシステムは不可能です。コストも手間もかかる術式ですが、40年以上の長期経過データに裏打ちされた信頼性の高いシステムなので、特に奥歯のインプラント治療の際には、基本的に「スクリュー・リテイニング・システム」での治療をおすすめしております。(審美的ニーズや患者様のご希望があればセメント固定タイプを選択することも可能です)

インプラント上部構造製作 RICC GlobalLInk Dental Laboratories
奥歯(小臼歯)にインプラント治療を行った症例3
20代女性。矯正治療終了後に欠損部の治療をご希望され来院されました。顎の骨が極端に薄かったため、まず骨造成を行い、その後インプラント治療を行いました。遠方(関西)からの通院でしたが、最小限の来院回数で最良の治療結果が得られました。

 
術前の口腔内の状態とレントゲン写真。

 
術後の口腔内の状態とレントゲン写真。ノーベルリプレイスのインターナルを使用。
健康な歯を削ってブリッジにしなくて済んだ意味は大きいと思います。

矯正治療はよごさわ歯科矯正/与五沢文夫先生の施術。完璧な咬合と審美性が得られています。

インプラント上部構造製作 RICC GlobalLink Dental Laboratories


奥歯にインプラント治療を行った症例4
30代女性。奥歯のインプラント治療と、全体的な審美的改善をご希望され来院されました。
下顎の左右の第一大臼歯部にインプラント治療を行い、銀歯を除去してセラミック修復を行いました。ただしこの患者様は特に歯ぎしりの強い方なので、同意を得て一番奥の歯にはセラミックではなくゴールド修復を行っております。(治療した物が壊れずに長期的にもつための配慮は必要と考えています)

 
術前の口腔内の状態とレントゲン写真。

 
術後の口腔内の状態とレントゲン写真1。スクリューリテインニングのインプラント最終上部構造が装着されてています。

 
術後の口腔内の状態(左右側方面観)
一見してインプラント治療をしたと分からないほど周囲の歯にマッチしたインプラントのセラミック上部構造。複数年経過しておりますが、とても調子良くお使い頂いているそうです。前歯部にはホワイトニングを行い、ダイレクトボンディングで詰め物もきれいに修復いたしました。
治療結果には大変ご満足いただいております。

インプラント上部構造製作 RICC GlobalLInk Dental Laboratories
下顎前歯先天欠損症例

下あごの左右側切歯が先天的に欠如した患者様です。他院にてインプラント不可能と診断されブリッジを予定していたそうです。当院ではインプラント可能と診断しましたが、来院時は16歳だったため、顎の骨の成長を待って20歳になってから手術を行いました。
(矯正治療は よごさわ歯科矯正 院長 与五沢文夫先生による施術)

 
術前の口腔内とレントゲン写真


インプラント最終上部構造(セラミック)装着後の状態


    

ブリッジにせず、健康な歯を削らずに済んだことは大変意義のあることであると考えます。

インプラント最終上部構造は、日本を代表する超一流のマスターセラミスト 内海賢二 先生
(KEN-Dental Laboratory)の製作です。審美的かつ機能的に優れた素晴らしい仕上がりです。

インプラントによる全顎的な審美と機能の改善例1
70代女性。長年にわたり適合の悪い部分義歯をご使用されていましたが、ご家族にインプラント治療を勧められご来院されました。ご高齢で糖尿病や高血圧などの全身疾患もあることから、外科的侵襲の少ないフラップレスサージェリー(歯肉を切開しない術式)を用いて手術を行いました。

 
初診時の口腔内の状態とレントゲン写真

 
 上顎の部分義歯がずれて製作されており、口元が曲がって不自然に見えています。
義歯の適合も合っていないため、何とか痛いのを我慢してお食事されている状態でした。

上顎は予後不良歯を抜歯後にインプラント治療を行いました。下顎は左下の欠損部分、そして歯周病と根の病気で抜歯が必要な下顎の前歯の部分に抜歯即日インプラント(当日にインプラントの仮義歯を装着する術式)を行いました。
(右下の犬歯から奥歯にかけては、セラミック治療を行えば、より審美的な改善が可能でしたが、患者様がご希望されませんでしたので、歯周病の治療のみ行い、被せもの等の治療は行いませんでした)


  
インプラント治療後の状態。口元のゆがみは改善され、噛み合わせも正しく修正されました。
審美的に改善しただけはでなく、全く動かない固定性のインプラント補綴により、お食事が以前よりも格段に美味しくなった事は言うまでもありません。

  
インプラント上部構造はスクリューリテイニング(ネジ止め)方式なので、いつでも術者が取り外すことが可能で修理なども簡単に行えます。ご使用したインプラントの固定性仮義歯も半永久的に当院で保管しておりますので、何か不具合が生じた時はこの仮義歯をご使用いただき、現在のセラミック最終上部構造をお預かりして修理を行います。すなわち修理メンテナンス中も常に歯がある状態ですので、日常生活に支障をきたす事はございません。


 
今回の治療では上顎に8本のインプラント、下顎に5本のインプラントを使用いたしました。

ご高齢で全身疾患もあり著しく骨密度も低かったため、上顎のインプラント手術の際には左右の最後方部にそれぞれ1本づつ予備インプラント(スリープインプラント)を入れています。これは咬合力が非常に強くかかる後方部のインプラントに万が一問題が生じた場合に、再手術を行う事なくリカバリーするための当院側の配慮であり、もちろんこの余分な2本のインプラントについては一切治療費を頂いておりません。患者様のQOLを第一に考えた配慮です。

見た目にも機能的にも大変ご満足いただいております。

インプラント上部構造製作 RICC GlobalLInk Dental Laboratories
インプラントで咬合回復した審美修復症例

60代女性。治療途中でほとんど何も食べられない状態で転院されてきました。
前歯をきれいに治すためには奥歯のかみ合わせがしっかりしている必要があります。
インプラントによる奥歯の咬合回復は大変有効な治療法です。

 
治療前の口腔内の状態とレントゲン写真

 
治療後の口腔内の状態とレントゲン写真
インプラントによる奥歯の咬合回復と前歯の審美修復が達成されています。


表情・口元と自然に美しく調和したセラミック修復に大変ご満足頂いております。

補綴物製作 RICC GlobalLInk Dental Laboratories
 

即日インプラントケース
50代女性。上顎は中等度~重度、下顎は中等度の歯周病の患者様です。
上の奥歯にインプラント治療を行うには、上顎洞(副鼻腔)への骨移植が必要でしたが、患者様がそれを望まれなかったのと、かなり遠方からのご来院なので、治療回数を軽減させるために、上顎は抜歯・即日インプラントを行いました。下顎は局所麻酔下で全歯ルートプレーニング(歯周病の専門治療)を行っております。

 
術前の口腔内写真とレントゲン写真。上顎の歯周病はかなり進行しておりました。
 
 口元はお世辞にも美しいとは言えない状態です。

 
施術後の口腔内とレントゲン写真。抜歯直後にインプラントを埋入し、インプラントの仮義歯を固着します。(術前に下顎の歯周病治療はすでに終了してあります)
若干骨質が軟らかかったため、右側の奥歯には補助のインプラントを入れています。同時に若干の骨移植も併用しております。(この予備インプラントは治療費には含まれておりません)

 
最終上部構造装着後の口腔内とレントゲン写真

 
自然で美しい口元に回復いたしました。もちろん、前歯でも奥歯でも、しっかり美味しくお食事ができるようになったのは言うまでもありません。

インプラント上部構造製作 RICC GlobalLInk Dental Laboratories



インプラントによる咬合回復と前歯の審美修復ケース
60代男性。奥歯に部分入れ歯を使用しておりましたが、それではほとんど物が噛めないとの事で、インプラント治療を希望でご来院されました。上の奥歯が下に延びてきたり、かみ合わせの崩壊が著しかったので、全体的な治療が必要な症例でした。


 
術前の口腔内とレントゲン写真。

 
術後の口腔内とレントゲン写真。インプラントによる奥歯の咬合回復が行われています。とても歯ぎしり、くいしばりがひどい方なので、一番奥の歯は金属にしてあります。



術後の前歯の状態。右側中切歯(向かって左真ん中の歯)のみセラミッククラウンで、
あとの歯はダイレクトボンディング(GCグラディアダイレクト使用)を行っております。
年齢にマッチングした落ち着いた色調に大変ご満足を頂いております。



右側中切歯PFMセラミッククラウン製作 林 直樹 先生(Ultimate Styles Dental Laboratory)

抜歯即時埋入症例(抜歯直後にインプラント植立し当日に仮歯を装着したケース)

60代女性。外傷(事故)により左上前歯を破折して来院。残念ながら保存が困難なため抜歯してインプラント予定になりました。

 
術前の口腔内の状態(左)とインプラント術前矯正中の状態(右)

インプラント前処置として、抜歯予定部の適切なスペース確保と審美性の回復のために、部分矯正を行いました。(部分矯正処置はソフィア歯列矯正様に依頼いたしました。

      

部分矯正で歯根を引っ張り出した後に、抜歯してすぐにインプラントを埋入。
インプラントはノーベルバイオケア社製のNobel Perfectを使用いたしました。
2004年 米国にて発売直後に購入使用したので国内では最速の使用だったと思います。
技術指導およびインプラント提供は UCLA Dr.Sascha A.Jovanovic 先生です。


最終的なインプラントのセラミック上部構造が装着された状態。
左側犬歯はセラミッククラウン修復。その他の周囲の歯にはダイレクトコンポジット(旧タイプ)が施術されています。

 
8年後の口腔内の状態とレントゲン写真。
患者様のご都合により約8年間ほぼノーメンテナンスでしたが、使用に関しては全く問題なく、状態も非常に安定しております。

下顎の奥歯にインプラント治療を行った症例

40代男性。下顎の両方の奥歯が欠損し、長期にわたり部分義歯を使用していました。
義歯の針金をかけた歯に強い負担がかかり、下奥歯の根の先に炎症の影が見られます。


治療前の口腔内の状態とレントゲン写真


治療後の口腔内の状態とレントゲン写真
かみ合わせのバランスが良好になり、術前の下奥歯の根の先の炎症の影が消失しています。義歯のときと比較して、何でも咬めるようになったのは言うまでもありません。


治療後の右側面観              治療後の左側面観

この患者さまは、奥歯の歯根が全部割れてくるほど歯ぎしり・くいしばりが異常な方でしたので、奥歯にそれぞれ3本のインプラントで対応し、咬合面は金属で製作してあります。

 

問い合わせ